証券会社での経験を活かし、インハウスから大手外資系法律事務所への転職に成功!

弁護士の基礎知識 転職成功事例

外資系法律事務所

証券会社での経験を活かし、インハウスから大手外資系法律事務所への転職に成功!

2016/08/26

【今回の成功者】
Mさん、28歳/男性
転職前:大手証券会社(年収:800万円)
転職後:外資系法律事務所 (年収:1100万円)

弁護士として、やはり法律事務所で経験を積みたい!

Mさんは、弁護士資格取得後に大手証券会社に就職、2年程度企業内弁護士として勤務しておりました。しかし、次第に法律の専門家として、法律事務所で経験を積んでいきたいという気持ちになり、転職を決意されました。

証券会社での経験を活かし、ファイナンスに強い外資系法律事務所へ転職

Mさんは英語が得意で、読み・書きはビジネスレベル、会話も流暢ではないものの、ある程度の対応ができました。 そこで弊社では、外資系法律事務所で、ファイナンスに強みを持つ事務所をご紹介させていただきました。通常、このような外資系法律事務所においては、同じく外資系法律事務所での経験者を採用することが多いものですが、Mさんはインハウスでの経験が非常に濃く、法律事務所においても経験を活かしていただけるということで、採用に至りました。

今後のキャリアを見据えた、インハウスでの経験を積むことが大切

法律事務所の中途採用においては、前職で法律事務所のご経験がある方を採用するケースが多い状況です。しかし、今回のようにインハウスのご経験のみであっても、インハウス時代のご経験によっては法律事務所にて歓迎していただける可能性があります。(IT系企業のインハウスにいらっしゃった方であれば、IT系企業のクライアントが多い法律事務所に歓迎される等のケースもあります。)そのため、インハウスでの就職を選ぶ際であっても、ご自身でどのようなキャリアパスを描きたいのかによって、就職先を検討されると良いのではないでしょうか。

弁護士の求人を確認する!

外資系法律事務所の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録