税理士の転職成功事例

税理士の基礎知識 転職成功事例

外資系特化型会計事務所

外資系専門の強みを活かしながら、ワークスタイルは改善したい

2016/07/26

【今回の成功者】
Uさん、40歳/男性
転職前:外資系特化型会計事務所(人数:10名) (年収:700万円)
転職後:外資系特化型会計事務所 (人数:20名)(年収:700万円)
資格:税理士試験科目3科目+免除(簿記論 財務諸表論 所得税 他税法免除)

家族との時間を大事にしたい

Uさんは長年、独立系の外資系クライアントに強い会計事務所で勤務をされていましたが、小規模の事務所であったことと、その上で退職者が続いたことで慢性的な残業に悩まされ、ワークライフバランスがとれずにいました。
そこで、Uさんは今までのインバウンドのクライアント対応を続けながら、働き方を改善できる事務所を探すことにしました。

知名度はなくとも働きやすい会計事務所であれば応募する!

Uさんが受験したのは20名規模の外資系クライアントに特化した会計事務所でした。Uさんは仕事内容を大きく変えずに、プライベートの時間も確保できる環境を探していましたので、今回の応募先は希望にマッチしていたとのことです。
因みに、Uさんは外資系企業の税務顧問歴が長く、ベテランの税理士でもありましたので比較的スムーズに内定を獲得することが出来ました。

即戦力の面接は、経験値×人間性を見られる場

Uさんは業界での経験も豊富、且つ人間性も非常に素晴らしく、部下への指導や教育、周囲への気遣いなど自然と出来るような方でした。実は数十名規模の会計事務所の場合、「即戦力であっても人間性が社風とマッチしないと内定が出ない」というケースは珍しくありません。
今回の内定はUさんの専門性と人間性が両方とも評価された結果なのだと思います。

税理士の求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の税理士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が税理士の転職をサポートいたします。

税理士の転職サポートに登録

To Top