転職に失敗!キャリアの軌道修正を図るために転職活動を再開した40代・男性弁護士の事例

弁護士の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

転職に失敗!キャリアの軌道修正を図るために転職活動を再開した40代・男性弁護士の事例

【今回の成功者】
Pさん
42歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
外資系企業 年収1500万円
<転職後>
非上場メーカー 年収1500万円
エリア:東京都

業務内容も風土もミスマッチ。早々に転職活動再開

Pさんはマネジメントキャリアを積みたいという目的から、外資系企業の法務マネージャーポジションに転職しました。しかし、入社してみると表向きは組織拡大のための管理職募集でしたが、業務量が少なく中長期的にみてもマネジメントを経験できる環境ではありませんでした。加えて保守的な企業風土で新しい提案や積極的な改善をするよりも、波風を立てずに職責を全うすることが好まれる風土で、決裁権も制限されている状況でした。そのような状況の中で、周りの優秀な社員も続々と退職してしまった為、早期にキャリアの修正をしなくてはという考えから転職をご検討されるようになりました。

求人は幅広く応募し、あらゆる可能性を探ることに

非常に優秀なキャリアと実績をお持ちのPさんでしたが、ご希望年収が高かったことから紹介可能な求人がなかなか見つかりませんでした。しかし、そのため顕在化している求人への応募ではなく、Pさんが興味を持てる求人企業に対して、一段階、二段階上のポジションで検討をして頂けるように交渉をさせて頂きました。 その結果、一社から非常に高い興味を持っていただくことができ、最終的に希望の条件で内定を得ることが出来ました。その企業は面接を通じてPさんのご経験とスキルを高く評価しており、当初募集していた求人とは別に、部長クラスのポジションを新たに用意しての採用となりました。

ハイクラスの求人は顕在化していないケースがあります。

求人票に記載があるポジションや年収が、必ずしも上限であるとは限りません。企業側の経営課題や組織課題によっては、募集をしているポジション以上の提案を頂けるケースもあります。特に成長フェーズにあるベンチャー企業や大手企業でも、新規事業やM&Aに意欲的な企業では常に優秀な人材との出会いを求めています。条件面での不一致があったとしても、まずは会いましょうと言ってくださるケースも十分にあります。求人票にはご希望の待遇より低い内容のものになっていても、その他の可能性を追求していったことで、今回の転職を成功させることができたのではないかと思います。

弁護士の求人を確認する!

企業内弁護士(事業会社)の転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS Agent が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録