転職トピックス

公認会計士

【速報】会計士試験合格者1,300人超え!平成30年公認会計士試験合格発表

20181116topics_kaikeisishikengoukaku.jpg

本日、11月16日(金)に平成30年の公認会計士試験の合格者の発表がされました。
受験者の皆様、お疲れさまでございました。また合格者の皆様、誠におめでとうございます。
今年度の合格者に関する概要と近年の動向は下記の通りです。

平成30年 公認会計士試験の合格発表の概要

前年対比で合格者数74人増加、合格率0.1ポイント減少という結果になりました。
合格者の年代別は20代が84.1%を占めており、昨年の77.0%よりも若年層の合格者割合が高まりました。

【願書出願者数】11,742人(前年対比740人増)
【合格者数】1,305人(前年対比74人増)
【合格率】11.1%(前年対比0.1ポイント減)
※合格者数は論文式試験合格者数

【合格者年齢】
・平均年齢 25.0歳
・最高年齢 55歳
・最低年齢 18歳

合格者数と合格率の推移

今年の合格者数は、平成24年以来の1,300人超えとなりました。
下記の【図1】の通り、合格者数は平成27年に底をうち、以降3年連続で増加しています。
また合格率は平成26年から連続して10%以上の水準で安定しています。

1.kaikeisi_goukakusya_goukakuritsu.png

下記の【図2】の通り、受験者数はおおむね横ばいですが、平成27年を底に3年連続で増加しています。
公認会計士試験の人気に回復傾向が伺える結果となりました。

2.kaikeisi_jyukensyasuu.png

監査法人では慢性的な人手不足が依然として続いており、昨今では一度、監査法人を出た人材の出もどりを歓迎する動きもあります。
また、一部では「監査難民」といった言葉も聞かれるようになっており、監査法人を公認会計士の採用ニーズが高まっています。
更に企業で活躍する公認会計士が増えたことによって、上場企業を中心にIPO順位企業でも公認会計士の採用ニーズは高い状態が続いています。

引き続き、公認会計士試験合格者にとって有利な就職・転職市場の動向が続くことが予想されます。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職にも特化!≫MS-Japanの無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら

(文/マーケティングユニット)

次の記事 > 【CPE研修レポート】「社外役員/顧問としての5つのポイント」

前の記事 > 増える50代・60代の転職




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top