公認会計士・税理士補助の転職成功事例

公認会計士・税理士補助の基礎知識 転職成功事例

上場企業

ハードワークな日々を変えたい!上場企業へ転職を果たした30代・公認会計士

2018/04/17

【今回の成功者】
Oさん
30歳・男性
資格:公認会計士

<転職前>
Big4監査法人 年収1200万円
<転職後>
上場企業 年収850万円
エリア:東京都

年収を落としてでもワークライフバランスを確保したい!

大手監査法人にてご就業されていたOさんは、30代で年収850万円以上と同世代と比較して高い年収水準でした。しかし、繁忙期には深夜までの残業と休日出勤をこなしており、かなりのハードワークが続いていらっしゃいました。この状況が続くのでは、長期的な就業は困難と考えたOさんは、ある程度の年収が落ちてしまう事を覚悟の上で、『ワークライフバランス』を重視した転職を決意されました。

経理財務、内部監査、経営企画のどれを選ぶべきか

初めての転職活動だったOさんは、経理、財務、内部監査、経営企画など幅広い職種に応募しました。その結果、選考を受けながら仕事内容について考えるうちに、会計士資格と今までの経験が活かせる仕事がしたいという気持ちが強くなっていったそうです。そのため、希望する業務・条件を調整するために再度キャリアアドバイザーとの打ち合わせを行い、これまでの監査経験を存分に活かせる内部監査業務の求人に絞る決断をしました。その結果、面接では説得力を持ちながらご自身の経験をアピールすることができ、複数社から内定を獲得されました。最終的には、ワークライフバランスの確保も実現でき、年収も当初の予想より下げることなく転職することができました。

優先順位を考える大切さ

今回のOさんは、ワークラフバランスを重視して転職活動を進められておりました。優秀なご経歴をお持ちだったので、転職活動を始めると多くの引き合いがありました。そのため、よりご希望に沿った転職が実現できるよう、方向性を見直し、ワークライフバランス以外にも叶えたい条件を作ることをお勧め致しました。その後、優先順位をつけて改めて転職活動を再開され、手当り次第選考を受けるのではなく、志望度の高い企業のみ集中的に受けていただきました。その為、一社一社を集中して受ける事で内定の確度も上がり、スムーズに転職先を決める事が出来ました。

会計事務所・税務スタッフの求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top