公認会計士・税理士補助の転職成功事例

公認会計士・税理士補助の基礎知識 転職成功事例

監査法人

公的機関から中堅監査法人の役職者へと転職を果たした40代・公認会計士の成功事例

2018/02/13

【今回の成功者】
Iさん
45歳・男性
資格:公認会計士

<転職前>
公的機関 年収750万円
<転職後>
中堅監査法人 年収900万円
エリア:東京都

会計士としての専門性を活かせる環境に戻りたい

Iさんは、大手監査法人から公的機関へ転職をされ、ご活躍されていた会計士の方です。前職に3年程勤めていた中で、会計士としての専門性を活かせる業務が少なく、悩まれていらっしゃいました。そこで、転職をして専門性を活かせる仕事をしたいと思い、ご相談にいらっしゃいました。

前職での経験を武器にマネージャーとして内定獲得!

今回の転職軸はキャリアを戻したいということでしたので、監査法人へのご転職を提案致しました。中でも、Iさんの希望であるマネージャー職のポストにつきやすい、中堅監査法人への転職をお勧めしました。
するとIさんから以前から気になっている監査法人がありポジションを確認して欲しいというご依頼を頂きましたが、残念ながらその法人では求人募集が発生していない状況でした。
しかし、以前からその監査法人では内部体制の強化が課題になっていたので、Iさんの大手監査法人でのマネージャー経験が活かせる可能性がありました。そこで、かねてからリレーションがあったパートナーに連絡をとり、Iさんをご紹介しました。
結果的に、一次面接からそのパートナーとお会い頂くことになり、法人の経営についてや組織体制について問題意識を共有することができ、採用内定に至りました。

積極的な提案により新規ポジションを創出

会計士の方の場合、今回のケースのように監査法人から出て、事業会社や公的機関へ転職されたものの、専門性を活かせなかったということでご相談にいらっしゃるケースが多くございます。
中堅の監査法人の場合、大手に比べポジションに空きがあるケースや、これまでのご経験を評価いただき、新しくポジションを作っていただけるケースもあります。
求人がない場合でも、今回のケースのようにエージェントからご提案をすることでご検討いただけるケースもあります。積極的にチャレンジすることをお勧めします。

公認会計士の求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top