就職氷河期の影響で企業経理として働くが...やっぱり監査法人で働きたい!

公認会計士の基礎知識 転職成功事例

監査法人

就職氷河期の影響で企業経理として働くが...やっぱり監査法人で働きたい!

2019/01/15

【今回の成功者】
Nさん
36歳・男性
資格:公認会計士

<転職前>
金融関連企業 年収700万円
<転職後>
Big4監査法人 年収650万円
エリア:東京都

就職では実現できなかった大手監査法人への転職にチャレンジ!

公認会計士の就職氷河期であった時期に公認会計士試験に合格したNさん。会計士の資格は取得できたものの、時流により監査法人への入社はできずにいました。そこで当時は事業会社の経理職としてご入社されましたが、やはり公認会計士としてのキャリアを考え、大手監査法人で働きたいという想いを募らせ、今回の転職活動を開始されました。

事業会社でのIPO準備経験が先方の目にとまる

Nさんは監査経験もなく、就職氷河期の影響により就職活動も苦戦されていたため、社会人経験も同年代の会計士と比較してやや短めでした。就職活動にあまり良い経験が無く、当初は転職活動にも不安を抱いていらっしゃいました。しかし、今回は大手監査法人への転職を実現したいという強い想いを持って転職活動に臨まれました。 しかし、いざ転職活動を始めると履歴書では上記の点がネックとなってしまい、書類選考になかなか通過することができず苦戦を強いられました。それでも諦めずに弊社からご紹介した求人のうちご興味をお持ちいただけたものに粘り強く応募を続けられる中で、大手監査法人のうち1社がNさんのIPO準備経験を高くご評価されました。その後面接に進まれ、お人柄や熱意をご評価いただき、晴れて内定獲得となりました。

強い想いを持ち、武器を磨き続ける継続力

就職氷河期により、これまで苦いご経験も味わってきたNさん。しかし、お人柄だけでなく、事業会社で積まれてきたご経験が今回の転職成功のきっかけとなりました。 書類選考については、どうしても書類のみの評価となってしまうため、今回ご評価をいただいたような経験の深い部分やお人柄という点が見えづらく、お見送りとなってしまうことも多くございます。しかし、転職エージェントを利用することでそのような書面からは見えない求職者の良い点を伝えることができます。その結果、面接で実際にお会いしたいと良いお返事をいただけるケースも多くございます。転職エージェントをうまく使いながら、転職を成功させていただければと思います。

会計事務所・税務スタッフの求人を確認する!

監査法人のほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録