事業会社から監査法人への再就職を果たした30代女性・公認会計士の成功事例

公認会計士の基礎知識 転職成功事例

監査法人

事業会社から監査法人への再就職を果たした30代女性・公認会計士の成功事例

2017/03/30

【今回の成功者】
Nさん34歳/女性
転職前:一般事業会社 (人数:100名) (年収:700万円)
転職後:中堅監査法人 (人数:200名)(年収:700万円)

公認会計士としての専門性を活かしたい

Nさんは、非上場の事業会社に勤務している公認会計士でした。公認会計士試験合格後、約2年間はBig4に勤めていましたが、監査法人の先行きに不安を感じた同僚が、早期退職制度で退職したことを機に、ご自身も不安になり、現在の事業会社に転職しました。 しかし、実際に事業会社の経理業務に従事する中で、改めて監査法人で公認会計士としての専門性を活かしたいと考え、弊社にご相談にお越し頂きました。

採用意欲が高い中堅監査法人にチャンスあり

監査法人在籍中に、インチャージ経験を積んでいないNさんでしたが、現在の収入を維持するためにシニア職での採用を希望していました。また、過去の経験からBig4に戻りたいというご希望をお持ちでした。しかし、経験と希望条件が折り合わず、Nさんの転職活動は苦戦を強いられました。そこで、弊社からは、採用意欲が高い中堅の監査法人への応募をお勧めしました。 結果、職位はスタッフとしてのスタートとなりましたが、初年度の年収はシニア相当でのご提示があった為、無事転職することになりました。

最優先する希望条件を決めて選択肢を広げる

転職に際して、譲れない条件は複数あって当然です。ただ、あまりに多くの条件や、高望みな条件に固執しても、転職という本来の目的を叶えることが出来なくなってしまいます。今回ご紹介したNさんのように、最優先の希望条件を明らかにして、視野を広げることで選択肢が広がり、希望が叶うこともあります。

公認会計士の求人を確認する!

監査法人のほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録