公認会計士・税理士補助の転職成功事例

公認会計士・税理士補助の基礎知識 転職成功事例

上場企業

転職の軸を明確に持ち、キャリアチェンジに成功!Big4から上場企業に転職した会計士の事例

2018/01/29

【今回の成功者】
Eさん
30歳・男性
資格:公認会計士

<転職前>
Big4監査法人 年収900万円
<転職後>
上場企業 年収600万円
エリア:東京都

監査法人から企業へキャリアチェンジしたい!

Aさんは公認会計士資格を取得後、監査法人に入所されました。監査法人において現場主査として3~4名のジュニアスタッフのマネジメントを担当されていました。仕事にはやりがいを持って取り組んでいましたが、これからのキャリアを考えると、監査や内部統制支援という経営支援だけではなく、企業組織の一員として直接経営効率を高めて行ける経験を積みたいと考えるようになりました。

経験と志向に合った転職の軸を持つ

Aさんは、これまで監査法人1000名以上の上場企業が主に担当しており、学生時代に身につけた英語力を活かして海外駐在にも挑戦したいと考えていらっしゃいました。その結果、Aさんは転職活動における軸を、「上場、海外展開、長期就業」としました。最終的に、大手企業3社から内定を獲得されましたが、悩むことなくその内の1社に決めました。理由は、国外進出やM&Aを多く進めているという点で、主計業務に限らず広く経験を積むことのできる環境が整っていることもAさんの転職の軸と最もマッチしていたためです。

転職活動を始める前に「転職に何を求めるのか」を決めましょう

今回Aさんは、転職活動開始から約1ヶ月で転職先を見つけることができました。これは当初決めていた「転職の軸」を、最後までしっかりと持ち続けていたことが鍵となっています。転職活動をしていると、様々な情報が流れてきます。どれも魅力的な内容で、目移りしてしまうこともあるでしょう。そうなると、自分にはどこが合うのか、何を大切にしているのかが曖昧になり、最終的な決断ができなくなってしまいます。転職を始める際は、まず「何故・どんな・いつ」転職をするのか、イメージを具体的に持つことをお勧めします。

公認会計士の求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top