公認会計士の転職成功事例

公認会計士の基礎知識 転職成功事例

上場企業

ワークライフバランス重視、だけど会計士としてのキャリアを落としたくない!40代・会計士の転職活動とは

2017/12/04

【今回の成功者】
Mさん
40歳・男性
資格:公認会計士

<転職前>
ベンチャー企業 年収700万円
<転職後>
一部上場企業 年収650万円
エリア:東京都

慢性的な残業時間の解消、家族との時間の確保

監査法人出身、ベンチャー企業2社経験のMさんは、IPO準備に向けて日々業務に励んでおられました。毎日深夜まで業務を行うほど、積極的に業務に打ち込んでいらっしゃいましたが、残念ながら短期間でのIPOが難しい状況になり、プロジェクトが無期限休止となってしまいました。更にそのタイミングでお子様が生まれたことにより、今後は家族との時間を大切にすべく転職活動に踏み切りました。

一時的に年収減でも、キャリアを重視した転職を優先!

Mさんはカウンセリングの結果、ワークライフバランスを重視しつつも、会計士としてのキャリアを落とすことのない転職をご希望されておりました。そこで弊社からは、上場企業を中心にご提案し、選考に臨んでいただきました。最終的にMさんが選んだ上場企業は、前職よりも年収が下がる条件ではございましたが、残業時間が大幅に減少し、有給休暇の取得実績が全社的に高い企業へのご転職を決意されました。業務内容としても非上場企業から上場企業の経理業務に携われることから、キャリアを落とすことなく転職ができました。

何を第一優先とするか

今回の転職では年収が下がる結果となりましたが、Mさんの優先順位としては家族との時間がとれることを第一に考えており、それに加えて今回は上場企業に転職することができた為、大変満足されているとのことでした。
全ての希望条件を叶えられる転職が一番ですが、現実的にはそのようなケースは決して多くはありません。ご自身が一番に叶えたいことや、譲歩できる条件を考慮した上で企業選びを行っていただければ、長期就業が叶う転職先に出会えるかと思います。

公認会計士の求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top