専門職は転職しやすい!?専門職として歩むメリット・デメリット

経理・財務
法務
税理士
公認会計士
弁護士
2020/06/23

専門職は転職しやすい!?専門職として歩むメリット・デメリット

専門職 転職

専門職はそのジャンルのスペシャリストとして、より一層の専門的な知識と技術を身に付けながらキャリアを歩んでいきますが、専門職として働くにあたってはメリット・デメリットがあります。この記事では、専門職に転職した場合のメリットやデメリットについて簡単にまとめていきます。それらを知ることにより、転職してからのビジョンがいくらか見えやすくなってきますので、今後のキャリア選択を検討する際の判断材料としてみてください。


専門職とはどういった職種がある?

専門職は一定の期間をかけて、その職務を遂行するために必要な知識や技術を身に付けてからキャリアをスタートさせるのが一般的であり、国家資格を取得しなければ就業できない医師や弁護士はその典型的な例といえます。医療系では看護師・薬剤師・理学療法士など、法律系では弁理士や行政書士・司法書士なども資格がなければ就業できない専門職です。
一方、資格がなくても専門職と呼ばれる職種もあります。例えば、プログラマーが挙げられます。特に何か資格を持っていなくても、顧客から要求されるレベルのプログラミング知識を持っていれば専門職として活躍できます。システムエンジニアや開発者、発明家なども同様です。聖職者や住職などの宗教関係の仕事、デザイナーや作曲家をはじめとする芸術関係の仕事もすべて専門職です。専門職とされる職種は多岐にわたり、ここで紹介した職種はそのごく一部に過ぎません。

まずは転職エージェントに無料相談する

専門職のメリット

専門職のメリットとしてまず挙げられるのは、転職しやすい点です。特定のジャンルのスペシャリストであり、希少価値のある人材であると評価できるため、求人企業が採用しやすいからです。専門性ある職種の場合には、求められるスキルを持つ人材の絶対数が少ないのも採用されやすい理由のひとつです。

また、高収入を期待できるのも専門職のメリットです。希少性あるスキルを持つ人物は人材価値が高くなりがちであり、それは自然と高収入へと結びついていきます。医師や弁護士が高収入であるとのイメージが一般的となっているのも、それだけ専門職が高収入であることが多いためです。加えて、生涯の仕事にできるのも専門職ならではのメリットです。業務を通じて経験を重ねるほど専門性を高められる性質上、何歳になっても働ける環境が手に入りやすくなります。

まずは転職エージェントに無料相談する

専門職のデメリット

専門職のデメリットとして真っ先に挙げられるのは、自分の専門外のジャンルへのキャリアチェンジが難しいという点です。20代や30代前半なら専門外のジャンルで働きながら学ぶ時間があるかもしれませんが、そうでない場合には即戦力が求められるため、転職はかなり難しくなります。
また、“スペシャリストなんだから要求に応えられて当たり前!”という視線を向けられるのも専門職の辛さです。専門職が担う業務は他者にとって重大な事柄であることも多く、大きな責任が付きまといます。ちょっとしたミスが大問題となってしまうかもしれない状況下、 “できて当たり前”と要求されるのは、人によってはかなりのプレッシャーと感じるでしょう。同じように、“医者だからお金持ち”、“弁護士だから面倒な人物”といった色眼鏡で見られてしまうことがあるのも専門職ならではのデメリットです。

まずは転職エージェントに無料相談する

専門職への転職を目指すには?未経験者はどうなるか?

専門職は専門的な知識や技術を習得しているため、絶対数の少ない人物であると人材価値が高く評価されるため、不況にも強く、一生その道で稼いでいくことができる職種です。未経験から専門職へと転職するのであれば、まずはスタートラインに立つための知識や技術を身に付けていることを社会にどう証明するかを考えるといいでしょう。

一番わかりやすいのが資格の取得です。目指す専門職のジャンルに関連した資格取得は採用を検討する企業にとって前向きな判断材料となります。資格を必要としない場合には、どのように自分のスキルを表面化させられるかを考え、それを実行に移さなくてはなりません。しかし、あまり時間をかけていられないのも専門職への転職の難しさです。未経験であれば30代前半までに専門職へと転職するのが望ましいとされています。

まずは転職エージェントに無料相談する

まとめ

特定のジャンルに特化した専門職は、その知識や技術を社会が求めている限り、安定して稼いでいくことのできる職種です。一言に専門職といっても多岐にわたりますが、そのジャンルや専門性の高さによって、高収入を期待できるケースも少なくありません。しかし、あるタイミングで自分に向いていないことがわかっても、専門外のジャンルへと転職しづらいのが専門職のデメリットです。

専門職への転職を検討してみるのであれば、転職エージェントに相談してみるのもおススメの方法です。専門職がどのようなキャリアを歩んでいるのか、専門職が転職する場合にはどのような選択肢があるのか、など実例をもとにしたアドバイスを受けられると期待できます。
弊社の人材紹介サービスMS Agentでは、管理部門・士業に特化した転職エージェントであり、非公開求人も多数揃えています。興味がある方は是非お気軽にご相談下さい。

まずは転職エージェントに無料相談する

【関連記事】
専門職の職種一覧と男女別平均年収

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!