転職トピックス

経理・財務 税理士

税理士が一般企業に転職するためには?

税理士が一般企業に転職するためには?

税理士試験は、合格に何年もかかる難関国家試験のひとつで、合格した暁には、一国一城の主として自身の事務所を立ち上げて、独立開業を目標としている人も多いです。
その一方で、一般企業の経理部などへの就職を目指す税理士も増えています。税理士が会計事務所ではなく一般企業の組織で活躍するためには、どのようなことを心がければいいのでしょうか。

税理士の一般企業転職の可能性

まず、税理士にとって一般企業への転職が有利なのは、この世で「税金と無縁の企業はありえない」からです。ほとんどの一般企業は、少なくとも法人税の納税は義務とされています。また、従業員の所得税計算を行い、年末調整を実施する際にも、税務に関する知識やスキルは必須です。

なので、一般企業が税理士を雇用しても、専門分野を活かす道があるのです。日常の記帳業務については、他の経理担当者よりも精通している点があるはずです。また、節税対策を一切していない一般企業に、適切な税金のノウハウを助言することで経営者からは喜ばれるでしょう。

外部の顧問税理士からアドバイスを受けることもできます。しかし、企業の個別事情は、経営者が口頭で税理士に説明しなければなりません。その点、企業内の現場で日々働いている組織内税理士のほうが、体感で把握しているぶん、企業の事情を深く理解しているものです。優秀な税理士であれば、経営者を超える情報を仕入れて、税務上の問題点を洗い出すことができます。

複数の会社が有機的に束ねられている大企業であれば、連結納税などで難しい税務処理が求められますし、グループ再編ともなれば、節税すべき方法も変わってきます。それだけの課題を解決できる優秀な税理士が企業内部で参画することも望まれているのです。

近ごろ注目を集めているのは、税理士が「コンサルティングファーム」へ転職する可能性についてです。そのクライアントの多くが大企業ですが、コンサルティングファームの中には、経営や会計だけでなく、税務まで含めた総合的なアドバイスを行って、付加価値を付けようと考えているところもあります。そこでは税理士資格者が重宝されます。

売り上げの規模が大きく、税金に対する意識が薄い企業は、節税の効果も大きくなります。また、経営計画を戦略的に立てるため、税理士のスキルを味方に付けることを期待する経営コンサルティング会社も増えています。

さらに、ファンドや金融機関、公的機関など、お金にまつわる職場で税理士は強みを発揮できる可能性があります。思い込みを捨てて、さまざまな方向性を模索してみると、転職の道が大きく開けていくでしょう。

年収など待遇面は、一般企業の方が事務所よりも良いのか?

年収など待遇面は、一般企業の方が事務所よりも良いのか?

従業員の待遇などはそれぞれの職場によって異なる個別事情であって、一般企業といっても、職種や背景は多種多様です。よって、会計事務所(税理士法人)と一般企業との待遇を単純に比較することはできません。会計事務所の中にも、待遇のいいところもあれば、よくないところもあります。

ただ、会計事務所に勤務するキャリアの浅い税理士が、平均で年収500万円前後とされていますが、一般企業の経理部に勤務すると、平均は400万円台とされています。待遇が下がることも覚悟しなければなりませんが、税理士資格を高く評価する企業であれば、年収が上乗せされる可能性もありますし、収入の額面が低くても福利厚生が充実しており、実質的な待遇が高い企業もあります。

また、外資系企業への転職に成功すれば、年収は大きく引き上がることもあります。

一般企業での仕事内容とは?

経理部で、企業のお金の流れを把握し続けることが、基本的な業務となります。年単位では、年末調整や確定申告、決算に要する時期が(年末から翌春)が繁忙期となることが多いでしょう。

また、税務調査が入った場合には、企業側の主張を税務署職員に伝える役割を果たします。金融機関から融資を受ける際、条件交渉に立ち会うこともあります。

そのほか、税務・会計の専門家としての立場から、企業の将来的な経営戦略に対してアドバイスを送る場合もあります。

税理士が一般企業で働いた際のキャリアステップとは?

組織内税理士のキャリアステップの王道は、企業内で出世を重ねて、CFO(最高財務責任者)などの役員として迎え入れられることでしょう。もちろん、会計事務所内で出世することもできますが、役員との相性の問題などで役員登用が難しそうであれば、思い切って一般企業に転職し、望みを繋ぐことも可能なのです。

特に外資系企業では、会計や税務のスキルが高い人材に対する人事評価が、国内企業よりも高い傾向があります。よって、企業への貢献度に応じて、CFOなどの役員、あるいは代表取締役まで出世できる可能性もあるのです。

まとめ

税理士人口が増えて同業者間の競争が過熱し、事務所の独立開業の経営リスクが高まっている今、税理士のキャリアも多様化が進んでいます。税理士業界を飛び出して、スキルを一般企業に還元する生き方も、これからは珍しいものでなくなっていきます。「税理士は、こうあらねばならない」という固定概念を脇に置き、思い切って転職にチャレンジしてみませんか。


【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 公認会計士が歩む経理のキャリアとは?

前の記事 > 知っておきたい!人事を悩ますモンスター社員の対処方法




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top