2023年11月17日

USCPA取得後のキャリアパスを大公開!おすすめの転職先4選はココ!

管理部門・士業の転職 管理部門・士業の転職

「USCPAを取得するとどんなキャリアパスがあるのだろう?」USCPAを取得した人、あるいは取得しようとしている人で、そう考える人も多いでしょう。国際的な会計基準の理解と英語力とを証明できるUSCPAは、監査法人をはじめとしてさまざまなキャリアの選択肢があります。

この記事では、USCPA取得のメリット、および取得後のキャリアパスをご紹介します

管理部門・士業の転職

USCPA取得後のキャリアパス

USCPAは国際的な監査基準への理解および英語力を証明することができる資格です。近年ではグローバル展開する企業が多くなっているために、この国際的な監査基準の理解と英語力とを兼ね備えた人材はニーズが高くなっています
具体的なキャリアパスとしてあげられるのは、監査法人や事業会社、FASやコンサルティングファーム、あるいは外資系企業などが挙げられます。USCPAを取得することにより、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

まずは転職エージェントに無料相談する

USCPAを取得するメリット

USCPAを取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
USCPAとは「米国公認会計士」の資格です。取得するメリットの第一は、「国際的な会計基準についての理解」を証明することができることです。多くの企業がグローバル展開をするようになっている近年では、国内の会計基準だけではなく、国際的な会計基準に対する理解が、会計業務を行う上で必須のものとなりつつあります。USCPAを取得することにより、国際的な会計基準を十分に理解している人材であることをしっかりと証明することができます。

また、USCPAは英語で試験が行われるため「英語力」を証明することができることも取得のメリットだといえます。
グローバル展開する企業では、現地法人の担当者などと英語でやり取りする機会も多くあります。会計業務を英語でこなす能力を証明できるUSCPAの取得は、転職などに際して大きなアドバンテージとなります。

まずは転職エージェントに無料相談する

USCPA取得後のキャリア

USCPA取得後のキャリアとしてどのようなものがあるかを見てみましょう。

監査法人

USCPA取得後のキャリアとしてまずあげられるのは監査法人です。近年では国内公認会計士が不足しており、監査法人はUSCPA取得者を積極的に採用しています
USCPA取得者が監査法人で行う業務としてまずあげられるのは、グローバル展開する企業の監査業務です。国際的な監査基準に基づいて英語の財務諸表を作成する企業が多くなっており、監査業務を行う際には、USCPA取得者は監査補助者として業務を行うこととなります。
リーダーである「主査」が国内公認会計士資格を取得していますので、USCPAのみの取得であっても業務は問題なく行うことができます

【関連記事】
USCPAで監査法人に転職できるのか?その後のキャリアは!?

事業会社

USCPAを取得していれば、事業会社への転職も有利になります。グローバル展開する事業会社の経理部門では、国際的な基準に基づく会計業務を英語でこなすことができる人材が強く求められているからです。

FAS/コンサルティングファーム

FAS(ファイナンシャルアドバイザリー)やコンサルティングファームも、USCPA取得者のキャリアパスとして有力な選択肢となるでしょう。
アドバイザリーやコンサルティングの業務を行うに際しては、国内公認会計士の資格は必須とされていません。4大監査法人をはじめとし、監査法人が系列のFAS/アドバイザリー部門を持っていることは多くあります。

外資系企業

外資系企業も、USCPA取得者のキャリアパスとして大きな選択肢の一つです。
業務は主に英語、会計は国際会計基準となることが一般的となる外資系企業への転職では、USCPA取得者は有利になります。海外勤務の場合、USCPAの取得は必須であるともいえるでしょう。

まずは転職エージェントに無料相談する

USCPA取得後の転職事例

USCPA取得後の転職事例を見てみましょう。

キャリアアップを考え監査法人へ転職した20代男性

金融機関の法人向け営業部門で勤務していた20代の男性Tさんは、キャリアアップを考えて一念発起し、USCPAを受験。全科目合格を果たしました。英語にも自信があったため、USCPAと英語を武器とし、監査法人を目指して転職活動をはじめます。
弊社MS-Japanに相談いただき、海外のファームやクライアントと英語でコミュニケーションができる人材を求めている監査法人をご紹介しました。結果、Tさんは営業で鍛えたコミュニケーション力も評価され、無事転職を果たしました。

専門的なキャリアを目指して監査法人へ転職した30代女性

証券会社の個人向け営業部門に勤務していた30代の女性Uさんは、このまま営業として年齢を重ねることに不安をいだき、専門的なキャリアを目指し、約3年の勉強期間でUSCPAの全科目合格を果たしました。
転職先として目指したのは、監査法人です。弊社キャリアアドバイザーとともに志望動機を練り上げていった結果、監査法人3事務所の内定を獲得。その中から、「将来的には金融アドバイザリー業務にも関わりたい」という希望も叶えられそうな監査法人を選びました。

まずは転職エージェントに無料相談する

USCPAの求人情報を確認したい方はコチラ

USCPAの求人情報

USCPAの求人情報

監査法人・コンサルティングファームから上場企業、グローバル企業まで、USCPA資格が活かせる求人を幅広く取り揃えております。
サイト上で公開されている求人はごく一部です。そのほかの求人情報は会員登録することでご確認いただけます。


まとめ

国際的な会計基準の理解と英語力を証明できるUSCPAの取得者は、多様なキャリアパスがあります。思い切って転職し、キャリアアップを果たしましょう。
ただし、転職活動をする際には、USCPAに強い転職エージェントを選ぶことが重要です。 MS-Japanなら、監査法人をはじめとし、USCPA取得者におすすめできる求人を多数取りそろえています。

管理部門・士業の転職

あなたへのおすすめ求人

サイトメニュー

職種で求人を探す
資格で求人を探す
勤務地で求人を探す
資格の転職情報を調べる
転職セミナー・個別相談会
転職サービス紹介
転職ノウハウ
求人企業の皆様へ
MS-Japanについて

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

関連おすすめ記事

新着記事

Manegyニュースランキング

マネジーでポイントを貯めて、
豪華商品に交換しよう!

詳しくはこちら

powered by

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。