経理・財務職でリスクマネジメントが注目?リスクマネジメントができる人材のキャリアとは

経理・財務
キャリア
2019/04/16

経理・財務職でリスクマネジメントが注目?リスクマネジメントができる人材のキャリアとは

経理・財務職でリスクマネジメントが注目?リスクマネジメントができる人材のキャリアとは今日のビジネスシーンにおいてリスクマネジメントほど大切なものはないといっても過言ではありません。しかし、よくよく考えれば、会社の数字に日頃から直接的に触れている経理・財務職ほどリスクをとっさに把握しやすいポジションはありません。

つまり、リスクに敏感となってそれらを管理できるようになれば、とても重宝される存在となり得るのです。

以下では、リスクマネジメントという大切なスキルを身につけた経理・財務担当者のキャリアプランについて考えていきたいと思います。

経理・財務職でのリスクマネジメントとは、どんなことをやるのか?

経理・財務が行うリスクマネジメントとして管理するのは、主に3つあります。

・財務報告の信頼性のチェック
・業務の効率化や安全性をチェック
・コンプライアンス違反していないかチェック

1つ目は、財務報告の信頼性です。実際に存在する会計事象に基づいているのか、記録すべき事象を漏れなく網羅しているか、そこに記載された金額は正確に測定・評価されたものであるのか、適切な期間配分や表示がされているのかをチェックしなければなりません。

2つ目は、業務の効率性や安全性を把握するのも経理担当者として行うべきリスクマネジメントといえます。会計データを見ながら、業務が適正に運営されているのか、損害を与える恐れのあるような事象が生じていないかをチェックしていきます。

3つ目にそれらの事業活動がコンプライアンスに反したものでないかどうかにも目を光らせなければなりません。経理・財務として行うべきリスクマネジメントは、これら3つの管理が主となってきます。

経理・財務職で必要なリスクマネジメント力を身に付けるためには

リスクマネジメントとして主に3つの管理が必要となることは上述しましたが、そのための力を身に付けるにあたって大切なのは、まずリスクマネジメントの目的を明確にすることです。

企業活動を取り囲むリスクとは様々であり、考え出すとキリがありませんので、自社の経営課題に合わせつつ、今はどの目的を重視するのかを明確にすることで、優先的に考えるべきリスクが見えてくるようになります。

そして、そのリスクを分析するためのスキルを身に付けるようにすれば、より効率的にリスクマネジメントができるようになります。優先的に考えるリスクを炙り出すには、そのリスクの影響度や管理の脆弱性を含めて考えるようにするといいでしょう。

考えるべきリスクなのか、どこまで管理すべきなのか、どれほど管理できているのか、と掘り下げていくことで、経理・財務担当者としてマネジメントすべきリスクが顕在化し、必要な情報も収集しやすくなります。

リスクマネジメント力を身に付けた後のキャリアプランとは

経営者は数字に強くないといけませんが、すべての経営者が十分に経理・財務の知識を持っているわけではなく、それらの担当者から寄せられる資料をもとにしながら各々の判断を行っていることがほとんどです。

つまり、経理・財務担当者としてリスクマネジメント力を身に付けたならば、積極的に転職活動を進めることで、現在よりもキャリアアップできる可能性はかなり高いといえます。

経営者という言葉に限定すると狭き門のように思えるかもしれませんが、他の部署でもリスクマネジメントできる経理・財務担当者は広く求められています。

現在は経営・製造・営業部門それぞれの責任者が商品の開発・企画・営業・回収まで目配りしつつ事業を動かしているため、リスクマネジメントについて敏感でなくてはならなくなっています。こういった背景より、リスクマネジメント力を身に付ければ、キャリアプランはポジティブかつ多様であるといえます。

リスクマネジメント力があると転職にも有利なのか

上でも触れているよう、リスクマネジメント力を持つ経理・財務が広く求められる時代となってきています。コンプライアンスの順守も相まって、その存在価値はより高まっていくと予想されますので、転職時にもリスクマネジメント力の有無は採用の可否に大きな影響を与えるでしょう。

中小企業の中では、自社の決算書すら十分に理解できない事業・製造担当・営業担当も少なくありませんので、企業規模を問わず転職活動すれば、より優位性が際立つことでしょう。

しかし、気をつけなければならないのは、自身のリスクマネジメント力を選考時にどのようにアピールするか、です。

どのような業務でも、応募先企業に自分のスキルを落とし込みながらアピールするわけですから、求人情報より求める人材像を把握し、付随するこれまでの経験や実績を具体的に伝えられるように準備しておくのがおススメです。

まとめ

まとめ経営資源としてもっとも重要なカネを取り扱う経理・財務担当者は、他の部署の誰よりもリスクを発見しやすいポジションにいますので、リスクマネジメント力を身に付ければ、それだけで会社への貢献性が高い人材であると評価されます。

その企業によって経営課題は異なるため、何をリスクとして捉えていくかは異なるものの、設定されたリスクについてマネジメントする力は汎用性があるため、転職のときもキャリアアップにつながることでしょう。

待遇だけでなく、より大きな裁量も求めるならば、中小企業も含めた転職活動をするのがおススメです。

中小企業の場合には外からでは十分な情報を得づらいのが難点となりますが、そのようなときには転職エージェントを活用すれば、自分の持つリスクマネジメント力が選考結果および就業後も活かせるかどうかがわかりやすくなります。

[ 経理/財務に関する記事一覧 ]

経理の求人を確認する!

<参考>
・経済産業省 「平成 21 年度サービスイノベーション創出支援事業」
・日本リスクマネジャー&コンサルタント協会 「リスクマネジメントの専門知識・事例を学ぶ」

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!