金融機関の法務は独特!?転職前に仕事内容や求められるスキルを知っておこう!

法務
スキル
キャリア
2019/05/27

金融機関の法務は独特!?転職前に仕事内容や求められるスキルを知っておこう!

金融機関の法務は独特!?転職前に仕事内容や求められるスキルを知っておこう!法務職の世界は、法律を取り扱うという点では共通しているものの、業種によって必要となる法律知識や経験が異なるという特徴があります。
そのため、一概に法務畑だからという理由で、どこにでも転職できると考えるのは早計です。
特に、金融機関の法務職は一般的な企業と異なり、より金融面に特化した法律の理解が求められます。
同じ契約書のフォーマット作成・チェックに携わるとしても、関わる分野は全く違うということもありえるのです。
今回は、金融機関の法務に転職する前に、知っておきたい仕事内容や求められるスキルについてご紹介します。

金融機関の法務に転職したとき、行う仕事と準備すべきこと

中途で法務職に採用された場合、少なからず即戦力としての対応を求められると思います。
しかし、法務職は経理職のように、基本的にどの会社でもルールは同じというわけにはいきません。

まずは、法務職として基本となる、法務相談や契約書のチェック・訴訟対策などから流れをつかむことになるでしょう。
金融機関で勤める以上、どうしても数字の面では細かい部分まで理解しなければならないため、契約一つとっても要件や商品内容の理解に時間がかかるものと思われます。
また、外貨に関わる仕事も少なからず存在しますし、投資商品として用意することはないにせよ、できれば仮想通貨についてもある程度の知識は問われることを想定しておいた方がプラスに働きます。
外貨や仮想通貨に関する資料については、専門の文献や法文が日本語で用意されていないケースも少なくないため、ビジネスレベルでの英語力があるとなお良いでしょう。

金融機関の法務に転職するために、アピールできるスキルとは?

金融機関で働く法務に対して求める能力を知るには、求人情報にしっかり目を通すことが大切です。
同じ金融機関であっても、求められる能力は異なるため、仕事内容で不明な点があればもれなくチェックしたいところです。
金融犯罪防止・対策要員としての募集であれば、インターネットバンキングの不正送金にかかる対応なども職務に含まれるかもしれません。
そうなると、単純な法務の知識だけでなく、インターネットバンキングのシステムに関わる部分についても勉強が必要です。
一般企業であれば経理部以外はまず触れない分野のため、少なくとも自分でインターネットバンキングを利用した経験がなければ、イメージが湧かないかもしれません。
そのため、自分で学べる部分については、採用前に知識を頭に入れておいた方がよいでしょう。
また、反社会的勢力・テロ組織・犯罪者集団などによるマネーロンダリングや詐欺を未然に防止するためのAML(Anti Money Laundering)対策や、テロ組織への資金供与を防ぐための対策を講じるCFT(Combating Finance of Terrorism)に携わった経験などが求められるケースもあります。
同じコンプライアンスの分野であっても、業務管理体制に関する対応を求められるケースもあり、そうなると必要なスキルとしてコミュニケーションを重視するところも出てきます。
このように、募集要項によって求められる人物像は異なるため、しっかり条件に目を通しておきましょう。

金融機関の法務への転職を成功させるには、成功者の事例に学ぶのが近道

転職に限らず何かを成功させるためには、成功者がどのように成功を勝ち取ったのかを知ることが大切です。
成功事例に学ぶことで、採用までにかかる時間も短縮できますし、自分と似たような分野から転職した人の体験を学べます。

そこで今回は、ある大手企業から地方銀行に転職した山本さん(仮名)の体験談を挙げたいと思います。
山本さんは、もともと新卒で法務部に配属されました。
もともと希望する部署は英語を使った仕事をする部署で、法務職でもそれが可能だと思って希望したようです。
しかし、実際には英語を使う機会はなく、金融業界であれば英語力を活かせると考え、金融機関の法務職に転職する意向を固めました。
ところが、実際に面接を受けてみると自分の力量が不足していること、そもそも法務なのに英語に関する仕事がしたいというのはどういうことかと、ミスマッチを指摘されることが多かったと言います。
また、金融機関での勤務は未経験だったことから、経験者に比べて圧倒的に知識不足であることを痛感します。
そこで、長所を見つめ直した結果、コミュニケーション能力をアピールすることで採用にこぎつけました。
英文会計に関する勉強をするなど、スキル面でもアピールできる要素を増やす努力を惜しまなかったことが、結果につながった一面もあります。
自分の希望ではなく「貢献できる点」をアピールしたこと、未経験ながらも必要と思われる知識を貪欲に吸収しようとしたことが評価されたと考えられます。

まとめ

金融機関の法務は独特!?転職前に仕事内容や求められるスキルを知っておこう!金融機関に法務職として転職するためには、当然ながら行き当たりばったりではなく、事前準備が必要です。
それを分析するためには、まずは採用情報・募集要項に目を通し、理想の人物像を理解することです。
法務としての基礎知識・経験は持っていても、専門分野が異なる以上、新たな勉強は必須です。
また、実務面でのアピールを試みても、専門知識については経験者にはかないません。
金融機関の法務職として転職するためには、今まで培ってきた能力の中でアピールできるものを伝えつつ、未経験の分野で必要と思われることを吸収する努力が必要です。

法務の求人を確認する!

【おすすめ記事】
法務の転職時に気を付けたい面接のポイント
不動産の法務について、大まかな仕事内容から転職するまでをご紹介

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!