ホテル経理の特徴とは?求人だけでは見えない情報を解説

働き方
経理・財務

ホテル経理の特徴とは?求人だけでは見えない情報を解説


様々な業種でニーズがある経理職ですが、
業界ごとの違いは、求人票を見ただけでは十分に理解しづらいものです。
それぞれの業界によって、同じ経理職でも求められるスキルや特性などに違いがあります。
本記事では、ホテル業での経理にフォーカスし、他業種と比べた際のホテルでの経理業務の特徴を解説していきます。

ホテル経理の特徴

ホテル経理ならではの特徴的な業務を見ていきましょう。

出納管理業務宿

泊代やレストランでの食事代、宴会代などの現金の管理や売掛金・買掛金の管理を行う業務です。
各部署で取りまとめた支払・請求伝票を精算する為に伝票の整理、データ入力、ファイリングなどの事務処理、取引先業者への請求や振込手続きを行います。
また、ホテルでは、宿泊料がお得になるクーポンやクレジットカードなどを利用して支払いをする人もいます。

クレジット支払いで、未払金がないか確認し、適切な金額を回収するクレジット管理業務ことも大切な業務になります。
ホテルの売上には宿泊代の他、自前のレストランや宴会場、お菓子・軽食の販売による収益もあり、管理品目が多い点が特徴の一つです。

ホテル経費管理業務

土地の購入費用や建物の修繕費の支払い、従業員への給与支払いなど、売上原価以外の経費の管理を行う業務です。
その他に税金や水道光熱費などの支払い、備品のクリーニング代金などもあります。

財務管理業務

全体の売上管理や財務諸表の作成、会社の資産管理などを行う業務です。
具体的には各部門から集計した数字から損益計算書や貸借対照表を作成し、現金・株式などの流動性資産、また土地や建物などの固定資産等の管理を行います。
さらには将来のビジョンを実現するために計画書の作成、予算作成、予算実績管理など難易度の高い業務に携わることもあります。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

ホテル経理の待遇は?

オフィスビルの女性によるビジネスレセプションでのプロフェッショナル歓迎 - ホテルマン ストックフォトと画像

ホテル経理の年収相場はポジションにもよりますが、経理スタッフで500万円前後になります。
会社にもよりますが資格手当や食事手当などが付く場合もあります。
ホテルの規模によって給与水準も異なりますので、確認しておくと良いでしょう。一般に、外資ホテルや大手は年収が高い傾向があります。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

ホテル経理の求人で評価されやすいスキル

ホテル経理の求人で評価されやすいスキルは以下の通りです。

ホテル勤務の経験

ホテルの規模にもよりますが、ホテル経理の人数は1つのホテルで数人程度とされており、あまり多くの人員を雇わない傾向があります。
人数の少ないホテル経理は、すぐに活躍できる即戦力を求めています。
ホテル業界での経理経験があると、即戦力として活躍してくれる人材として評価されやすいです。
数年程度ホテルで働いた経験があり、決算などもこなしているとより良い評価が得られるでしょう。

経理職でなくてもホテルに勤めた経験がある場合は、ホテル業界の業界用語にも慣れている人材と受け取られます。

経理のスキル

経理スキルの目安として、簿記など経理関係の資格を所有していることを応募の条件にしている場合もあります。
日商簿記なら2級以上を取得しておくことがオススメです。
転職を見据えて新たに資格取得を考えている場合は、余裕を持ったスケジュールを立てましょう。
転職時期を考慮しないと、せっかく勉強したのにスケジュールが合わず資格取得ができなかったということもあり得ます。
転職活動時期を踏まえて、余裕を持ったスケジュールを立て、実行することが大切です。

語学力

ホテル業界に限らず、近年は様々な業種で英語力を求めるケースが徐々に増えてきています。
他業界と比較して様々なバックグラウンドの方が出入りすることが多いホテル業界では語学力が高いと重宝される可能性があります。

語学力の証明としてTOEICなどのスコアを提示できると話がスムーズに進められやすいです。
英語であれば、目安としてTOEIC750点以上を持っていると有利です。
応募先のホテルがインバウンドに力を入れている場合は、より評価されやすいと言えます。
英語力が求められる場合が多いですが、利用者の傾向によって中国語やスペイン語などが評価されることもあるので、自分が応募したいホテルの利用者傾向を押さえておくと良いでしょう。

PCスキル

経理では日常業務を行う上でExcelなどPCを使う場面が多くあります。
そのためPCスキルがあると評価に繋がりやすくなります。

また近年ではDXも進み、ITスキルがある人材は評価される傾向がありますので経理の知識などの他にITのスキルがあるとより良いでしょう。
これまでに経理業務で使用したソフトや基幹システムがあれば、職務経歴書に明記しておくことをお勧めします。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

ホテル経理の求人で見るべきポイントは

オリンピック開催の影響で、中小規模のホテル会社は増加傾向にあると言われています。
しかし、ホテル業は、休日の少なさや不規則な勤務体系などから、人材確保や人材の定着が難しく、深刻な人手不足が問題になっています。

人手が少ないために、1人の人の負担が増えて、オーバーワークになりがちという問題点があります。
経理の場合、求人は比較的多いですが、環境によっては残業が多い場合もあるので注意しましょう。
自分のワークライフバランスに見合った働き方ができるホテルを見極めることが重要なポイントです。

見極め方の一つとして、ホテルの規模がポイントになります。
中小規模のホテルの場合、人材不足で業務量が増えている可能性があるので注意が必要です。
また、ホテル経理の転職に強い転職エージェントに相談することも有効な手段です。

冷静な第三者の意見を聞くことで、自分に合ったホテルかどうか見極められる可能性が高くなります。
コロナ禍の影響などで、業績への懸念点も顕著になってきました。
応募予定のホテルの将来性を考えることも大事なポイントと言えます。
そのホテルの経理に応募して、自分のやりたいことができるかどうか検討することも大切です。
あらかじめ、どのような経理人材になりたいかを整理しておくと、冷静に判断しやすくなります。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

まとめ

ホテルによって待遇は様々なので応募先のホテルで自分に合った働き方ができるか、またホテルの将来性はあるかなどを、よく吟味する必要があります。
調べられる範囲の情報を収集したり、実際に応募先のホテルに泊まってサービスを受けてみたりするなど、事前によく検討することが大切です。

もし転職活動に不安がある場合は、経理人材の求人に強いまたは業界特化型の転職エージェントに登録すると良いでしょう。
専門の転職エージェントに相談することで、理想的な待遇の職場への転職が実現できる可能性が高まります。

転職エージェントであれば、経理の求人に関する最新情報も把握しているため、1人で転職活動をするよりも、効率よく時間を活用し、希望の職場に転職を叶えられる可能性が高まります。

今すぐ転職活動をするわけではなくても、将来的な転職活動に向けたご相談でも結構です。
今後のキャリアについて情報収集したい方は、どうぞお気軽にキャリアカウンセリングにてご相談ください。

【関連記事】

経理の年間スケジュールと転職におすすめの時期

税理士のキャリアアップ!国際税務へ転職するために求められるキャリアやスキル

経理への転職は難しい?経験者・未経験者別に転職成功のコツを解説

【徹底解説】経理財務担当者が転職を成功させるコツ10選

経理の転職で年収は上がるのか?資格取得だけではダメ

この記事を監修した人

大学卒業後、管理部門・監査法人・会計事務所の採用支援(営業職)を経て、2006年よりMS-Japanキャリアアドバイザーとして、延べ1万人以上のキャリアカウンセリングと転職支援を実施。国家資格キャリアコンサルタントを取得。対象は管理部門の20代~60代まで幅広く、公認会計士・税理士などの士業、CFO・管理本部長・監査役などの経営幹部、経理・経営企画・人事・法務など管理部門の課長~部長職、20代~30代の経理財務・税務スタッフを担当。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!