転職トピックス

経理・財務

経理職の人が転職を考えるきっかけとは

経理職の人が転職を考えるきっかけとは

企業にとって欠かせない経理職。
専門知識が求められることからやりがいの大きい仕事として知られています。
しかし、企業は一つではありません。
経理職に従事している人の中には、転職を考えたことがある人もいるのではないでしょうか。
終身雇用制度が崩壊している昨今、転職は珍しいことではなくなりました。
今回は、経理職の人が転職を考えるきっかけを中心に、転職活動の際のポイントまでご紹介します。

経理職の人が転職を考えるきっかけ

転職のきっかけは人により様々です。
そこで今回は、経理職の人によく見受けられる転職を考えるきっかけをまとめてみました。

①今後のキャリア像がイメージできない
現状に不満がなくとも、転職を決意した人に見受けられるきっかけです。
生きていく限り仕事は、切っても切れないものです。
今勤めている会社で【キャリアプランがイメージしづらい】、または【キャリアアップが見込めない】など不安要素があれば、キャリアアップできそうな会社に転職することも有効な手法です。

②待遇が良くならない
こちらは現状に不満がある場合のきっかけです。
待遇や給与は仕事に対するモチベーションに大きな影響を与えます。
待遇などが良くならないと、モチベーションが下がってしまうことは当然でしょう。
世の中にはたくさんの会社がありますので、自分の能力を正当に評価してくれる新天地を探すのは自然な流れです。

③人間関係の問題 働く上で人間関係は重要な要素です。
上司・同僚・部下等、多くの人と関わりを持ちます。
しかし必ずしも人間関係に恵まれるとは限りません。
人間関係が上手くいかないと仕事の生産性も落ちますので、転職を視野に入れることも効果的です。

実は経理は転職しやすい

 実は経理は転職しやすい

専門的な知識が求められる経理職は、実は転職しやすいというメリットがあります。
簿記などの資格に加えて実務経験がある人を採用したいと考える企業は多いです。
以前は終身雇用が当たり前でしたので転職に否定的な人が少なくなかったのですが、現代はむしろ転職に対して前向きな企業が増えています。
潰しがきく経理職だからこそ、より自分の能力を活かせる職場を求める方法は有効です。
求人数も比較的多いという特徴もあります。
特に首都圏では売り手市場状態が続いており、書類選考を通過して面接に進める場合が多いです。
キャリアアップを考えるなら、早めに行動してみることをおすすめします。
なお、未経験から経理職にチェレンジすることもできなくはないですが、一般的に経理経験がある人の方が有利です。
現職の方は、経理経験を活かせるうちに、転職活動をはじめみてはいかがでしょうか。
まずは、転職エージェントに登録するなどできることから活動を始めることを推奨します。

もし転職活動を行うなら、前向きな転職理由を伝える

転職活動の行う際には、意欲的な態度が求められます。
後ろ向きな考えを転職理由として伝えることは不利です。
もし採用したとしても自社にメリットがないと捉えられてしまうリスクがあります。
転職のきっかけが後ろ向きだとしても、その裏には「自分の能力を活かしたい」などの前向きな意思が隠れているはずです。
伝え方によって採用担当者の反応は大きく変わってきます。
転職理由は、前向きな言葉で伝えられるように配慮しましょう。
自分で考えた内容に不安がある場合、転職エージェントなど外部のサービスを活用して、転職理由を前向きにまとめる方法が効果的です。
面接に進める可能性の高い経理職だからこそ、相手に自分の魅力を最大限アピールできる言葉を考えておきましょう。
また税理士を目指して勉強をしているなど、資格取得に前向きであることを伝えるとなお一層効果的です。

大企業にも中小企業にもそれぞれ良さがある

転職先を検討する際に、大企業なのか中小企業なのかを着目すべきポイントの一つとなります。
転職を考えるきっかけの中でキャリアップを目指している方もいるでしょう。
近年では大企業に入ることが必ずしも最良とは言えなくなりました。
大企業にも中小企業にもそれぞれ良さがあります。
大企業の経理の場合、高度な会計処理に携われる可能性が高いです。
反面、規模が大きいので業務が細分化されており、意識して幅広い業務に携わることを心がけないと自分のレベルアップにつながらないことがあるので注意しましょう。
中小企業の場合は、会社全体のお金の流れを俯瞰しながら多岐にわたる経理業務に携われる可能性が高いです
経営陣に直接仕事ぶりをアピールする機会に恵まれることも多く、出世につながりやすいです。
自分の希望と照らし合わせて幅広い会社を比較検討し転職先を決めることを推奨します。

まとめ

代表的な経理職における転職のきっかけをご紹介しました。
転職が珍しいことではなくなった昨今では、経理職で転職をする人も増えています。
むしろ求人数が比較的多く、経験者が優遇される可能性が高い経理職は転職のチャンスに恵まれていると言えます。
もし現状に不満があり、将来が不安なら、転職を考えてみても良いでしょう。
転職理由を前向きにまとめ、早めに転職活動をはじめることをおすすめします。



【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 公認会計士の資格を取得後に転職する先とは?

前の記事 > 税理士が転職先を決める際のポイントとは




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top