経理の最終面接 よくある質問と対策

経理・財務
転職準備
2019/06/25

経理の最終面接 よくある質問と対策

経理の最終面接 よくある質問と対策

最終面接まで辿りつくことができれば、内定はほぼ得たも同然であると考える方も多いでしょうが、思わぬミスをして、それまでの努力が水の泡となってしまう可能性も十分にあります。
一次・二次面接とは違い最終面接は、経理として入社後のキャリアビジョンを強く示さなければなりません。
最終面接ならではの特殊性を把握したうえで、事前にしっかりと準備を済ませて臨むようにしましょう。
以下では、経理の最終面接について詳しく説明するとともに、準備と対策についてご紹介していきますので、今後の参考としてください。

経理の最終面接は、一次面接や二次面接とどう違う?

通常、採用選考は複数の面接を重ねて採否が決まりますが、一次面接・二次面接と最終面接は、応募者を見極めるにあたって重視されるポイントが異なります。
採用面接と聞いて多くの人が思い浮かべるのが、経理担当者としてのスキルやこれまでのキャリアについて問われている場面だと思いますが、それらの確認とマッチングの判断は一次面接・二次面接で行われます。
最終面接はその企業で働いていくためのスキルや経験を持った人物について行われるものであり、入社後のキャリアビジョンや入社意欲の確認が主な目的となります。

最終面接を担当するのが誰であるかによって、最終面接の内容は変わってきます。
最終面接の面接官は、配属予定部署の責任者か、経営者や役員のいずれかである場合がほとんどです。
後者の場合には、“なぜ、この会社を選んだのか”といったよう、その面接官の愛社精神が表れやすい傾向があります。

経理の最終面接を受けるうえで準備しておくべきこと

最終面接を受ける前には2つの準備をしておきましょう。
まずは、応募先企業の情報および、業界について再確認しておくことです。
“なぜ、この会社でなくてはならないのか”を問われた際の受け答えがぼんやりしているようでは、面接官にネガティブなイメージを与えてしまいます。
応募先企業や業界の情報をしっかり取り込んだ受け答えができれば、それだけ入社意欲が高い人物であり、長く働いてくれるだろうと評価されやすくなります。

次に、“何か質問はありますか”と聞かれた際の質問を用意しなければなりません。
ここで“特にありません”と答えてしまえば、その企業に興味がないように思わせてしまいかねません。
その企業について、質問できる最後のチャンスであり、自己アピールできる最後の場となるのです。
自発的な発言を求められる場でもあるため、コミュニケーション能力を確認されているとも理解しておきましょう。

経理の最終面接 よくある質問とその対策

最終面接では、入社意欲や入社してからのキャリアビジョンについて確認されます。
“なぜ、当社を志望したのですか”と聞く理由は、長く働いてくれる人物であるかどうかを評価する目的もあります。
このため、“これまでの経験を活かして、御社に貢献していきたい”というニュアンスの回答を主とし、その企業や業界の情報を絡めた内容としましょう。

キャリアビジョンについて質問された場合には、“経理担当者として業務に邁進しながら、いずれは財務にもチャレンジしてみたい”といったよう、経理職の延長線上にキャリア目標を据えた回答としておくのが吉です。
この際、実現可能な範囲の目標設定とするよう留意しておきましょう。
面接官がそのキャリア目標の実現は不可能に近いと判断するようであれば、いずれ離職する可能性が高いと判断されてしまいかねません。

最終面接のために用意しておく質問の内容

最終面接で“何か質問はありますか”と聞かれたときには、積極性をアピールするためにも事前に質問を用意しておかなければなりません。
“もし内定をいただけたなら、経理担当者としてスムーズに貢献できるようになるためには、入社までにどのような勉強をしておけばいいでしょうか”といったよう、入社意欲の強さをアピールできる内容としておきましょう。
ここでポイントとなるのが、“もし内定をいただけたなら”という個所です。
内定を得たも同然であるという姿勢ではなく、謙虚さを忘れない姿勢を示さなければなりません。

最終面接の担当者が経営者や役員であれば、“今後の企業目標を達成するために、従業員個々にはどのような点が求められるのでしょうか”といった質問も、その企業への興味と入社意欲の高さをバランスよくアピールできる内容といえます。

まとめ

経理の最終面接 よくある質問と対策

応募者の絞り込みは一次面接と二次面接で済んでいますので、最終面接では入社意欲の高さや入社後のキャリアビジョンの確認が主な目的となります。
このため、企業によっては最終面接が形式的なものとなっている場合もありますが、スキルが合う応募者と幅広く会うスタンスの企業であれば最終面接で厳しい選考がされますので、最後まで油断しないようにしましょう。

なかなか対策できていないのが、“何か質問はありますか”と問われた際の質問事項です。入社意欲の積極性をアピールするためにも、“特にありません”とならないように準備しておかなければなりません。
質問内容を考える際には、面接官が誰であるのかをイメージしつつ、複数パターン用意しておくといいでしょう。
配属予定部署の責任者であるのか、経営者・役員であるのか、によって質問すべき内容が異なるためです。

>> 【経理のおすすめ求人】経理経験者が転職して年収を上げるには!?

経理の求人を確認する!

【おすすめ記事】
経理の転職 ポジティブな転職理由を伝えてキャリアアップを目指そう
30代・実務未経験者が経理職へ転職するために必要なこと
経理経験者が転職する際に評価される志望動機とは

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!