転職トピックス

人事・総務

人事職から異業種へキャリアチェンジしたい!これまでの経験を活かして転職するには?

2018/05/23

20180523topics.jpg

人事が異業種に転職することは可能なのか?

会社の財産となる人・社員に深く携わる人事職は、異業種・異職種への転職と相性が良い職種と言われています。
人事は、社内のあらゆる部署と連携をとることも多く、コミュニケーション能力に長けている方が多い傾向にあります。更に、人材採用業務の経験があれば、他職種への理解が深く、転職市場でもキャリアチェンジを目指す際に有利になることが考えられます。
他の事務職に比べて、人事職は、ある意味オールラウンダーとして会社に貢献できる機会が多いため、異業種でも遜色なく働けるチャンスが十分にあるのです。

この記事では、人事職からのキャリアチェンジを図る際に押さえるべきポイントや、キャリアチェンジを検討される際におすすめの職種をご紹介していきます。

人事職のキャリアは、異業種であっても共通する部分がある

人事職の仕事を大きく分けると、どのような異業種であっても、概ね「採用・処遇・能力開発・制度設計・労務管理」の5種類に落ち着きます。
これら人事職の業務のうち、自分がどの業務に従事してきたのかを考えることで、異業種における転職の方向性を打ち出しやすくなります。

細分化すると多く感じますが、よほどの大企業でない限りはいくつかの種類を経験するケースが多いため、基本的に社内外の「人」と触れ合う仕事として括ることもできます。

異業種の取引先とのコミュニケーションを取る機会も多く、社内政治への対応力も求められます。社内の上層部とのやり取りを求められることも少なくないため、会社の内情について理解し、施策を練る経験を積んだ方も多いと思います。

社内外の情報に深く精通している人事職は、幅広く異業種へのステップアップを可能にするキャリアの1つなのです。
それでは、具体的に人事職の方がキャリアチェンジをするならどのような職種が相性の良い職種なのでしょうか?今回は、いくつかある中から代表的な管理部門の2職種についてご紹介します。

人事職のキャリアを活かせる代表的な職種は、大手企業の経営企画職

人事職は、同業種・異業種を問わず、仕事の中で職務に共通している部分が多く、転職において大きなメリットとなるでしょう。
また、会社の未来を担う人材の確保・教育に携わっていることから、経営戦略の根幹を支えている職種とも言えます。

そこで、制度設計や労務管理・処遇に深く携わった経験のある方であれば、思い切って経営企画職へ転職するという選択肢があります。
経営企画職は、自社の根幹を支える職種でもあり、会社のかじ取りができるダイナミックな環境で働けます。

会社の今後を左右する改善案を通すには、案自体も重要ですが、それ以上に高度な社内調整力が必要です。
大手になればなるほど、各部署の経営幹部とのタフな交渉が必要となる場面に数多く遭遇します。
そんな場面で役に立つのが、人事職で培う地道なコミュニケーション能力です。

経営企画職と人事職とでは畑違いに感じる方も多いかもしれませんが、意外にも共通点が多いのです。

経理経験があるなら、IR担当者という選択も可能

人事職の中でも、特に労務に詳しい方であれば、会社によっては給与計算を担当する場合があります。その関係で、経理とのやり取りを密にするケースも少なくありません。

もし、人事異動など何らかの形で経理職に携わった経験があれば、IR担当者として転職を考えるのも妥当です。

IR担当者は、投資家や株主に対し、経営・財務状況に関わる情報を提供する職種ですから、人事職とはちょっと趣が異なる点は否めません。
しかし、コミュニケーション能力を求められることに変わりはなく、株主や投資家に対するプレゼンテーション能力があれば、十分に職務を果たせる職種でもあります。

財務・経理面での勉強は必要になりますが、真の意味で会社の「顔」となるポジションのため、やりがいのある仕事に違いありません。
もともとキャリアパス上位の職種ということもあり、周囲を納得させるキャリアを積むことができれば、待遇面も期待できます。

まとめ

人事職から異業種へのキャリアチェンジを考える際は、自分が「人事職で何を培ってきたのか」にフォーカスして、一度人事職という枠からはみ出してキャリアを考えてみると選択肢がどんどん広がっていきます。
特に、世間一般的に人事職のストロングポイントの一つに「コミュニケーション力の高さ」がある以上、プレゼン・交渉・調整役としての顔を期待されるのは必須と考えて良いでしょう。

そこから拡大解釈して、より高いレベルでの仕事につなげていく発想を持てば、自ずと経営企画・IR担当者という職種が候補に挙がってくるかもしれません。
もちろん、上記の2職種以外にも、あなたの人事経験を活かせる職種や仕事は数多くあります。新たな職種にチャレンジするということは、最初は不安に感じるかもしれませんが、人事職としてそれだけの価値がある職種を務めたということを自信にして、物怖じせずに挑戦していきましょう!

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 経理人材必見!残業をなくすための時短テクニック

前の記事 > 一人経理の転職あるある~引き継ぎは?そもそも転職できるの?~




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]管理部門・士業の年収診断 Manegy[マネジー]


日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]


転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top