税理士の転職に年齢は影響する?30代以上の転職事情

税理士
キャリア
転職事例
2021/06/04

税理士の転職に年齢は影響する?30代以上の転職事情


「税理士の転職に年齢は影響するの?」と考える方も多いのではないでしょうか。平均年齢が高い税理士は、転職において年齢制限は基本的にありません。ただし、年齢に応じた経験とスキルは求められることになります。この記事では、30歳代以上の税理士の転職事情を見ていきましょう。


1.税理士の平均年齢は高い

最初に基礎知識として、税理士の年齢がどれくらいかを見てみましょう。下のグラフは、税理士の年代別構成比を示したものです。


出典:日本税理士連合会『データで見る税理士のリアル』より作成

上のグラフからわかるとおり税理士の年代別構成比は、20代は約1%、30代は約10%です。したがって、40代以上が9割近くを占めることになります。

税理士の平均年齢が高いのは、税務署OBの税理士が多いこと、税理士試験の合格に時間がかること、あるいは税理士には定年がないことなどの理由があります。いずれにせよ、税理士は平均年齢が非常に高い特殊な業界といえますので、転職者の平均年齢も自ずと高くなるわけです。

会員登録はこちら

2.税理士の転職に年齢制限はない

上で見たとおり、平均年齢が高い税理士業界では、転職者の年齢も自ずと高くなります。したがって、税理士の転職に年齢制限はないといえます。

ただし、年齢に応じた経験とスキルは求められることになるでしょう。30歳を超えても、税理士試験全科目合格者なら未経験でも可能性がありますが、そうでなければ厳しいかもしれません。また、35歳以上の場合は、実務経験に加えてマネジメント経験も求められることになるでしょう。

会員登録はこちら

3.税理士の転職事例


30代~40代の税理士の転職事例を見てみましょう。

3-1.30代の税理士

①より専門性の高いスキルを身につけるため、ベンチャー会計事務所のリーダーポジションに転職!

<転職前>
個人会計事務所 年収600万円
<転職後>
個人会計事務所 年収700万円
エリア:東京都

個人会計事務所でフロントスタッフとして幅広い経験を積んできた38歳男性の税理士Nさんは、自身の得意領域である税務をよりスキルアップしたいと考え、転職を決意します。弊社にご相談いただき、税務のスキルを活かしながら組織づくりやマネジメントまでに取り組めるベンチャー会計事務所を選びました。新規開拓営業やクライアントとの関係づくりには強いものの実務面でまだ弱いその会計事務所で、Nさんの実務経験が高く買われ、スムーズに内定獲得できました。

⇒ Nさんの転職成功事例を詳しく見る

②働きながら税理士資格を取得!税務未経験でも大手企業へのキャリアチェンジに成功!

<転職前>
中堅税理士法人 年収700万円
<転職後>
大手国内上場メーカー 年収700万円
エリア:東京都

税理士法人でバックオフィスのスタッフとして働いていた39歳男性のYさんは、働きながらの税理士試験全科目合格に見事成功。専門性を高めるため、グローバル展開する大手事業会社への転職を決意します。税理士資格は取得済みであるものの実務未経験のYさんに、相談を受けた弊社は入念な面接対策をアドバイスいたしました。その甲斐あって、先方からYさんの意欲を高く買われ、内定を見事獲得しました。

⇒ Yさんの転職成功事例を詳しく見る

3-2.40代の税理士

ワークライフバランスを保ちながら独立準備!40代・税理士の成功事例

<転職前>
上場企業 年収1,000万円
<転職後>
非上場企業(ベンチャー)
年収1,200万円+インセンティブ
エリア:東京都

会計事務所や上場準備企業で幅広く活躍してきた44歳男性の税理士Aさんは、上場準備企業が上場を果たしたのを機に、念願だった独立開業に必要な経験を積むための転職を決意します。弊社は、顧客へのコンサルティング経験が積めるベンチャー投資会社の税理士ポジションをご紹介。年収がアップするうえ、Aさんの希望だったワークライフバランスを保つ自由な働き方も可能となるため、スムーズに内定獲得されました。

⇒ Aさんの転職成功事例を詳しく見る

②ベテラン税理士の転職。自分のポリシーと向き合い、本質的にマッチしている事務所を選択。

<転職前>
個人事務所(人数:15名) 年収900万円
<転職後>
個人事務所 (人数:5名) 年収800万円

個人会計事務所に30年以上勤務してきた45歳男性の税理士Sさんは、仕事のなかで芽生えてきた自身のポリシーや方向性と事務所のポリシーが食い違うようになり、自身のポリシーにマッチした事務所への転職を決意します。弊社から紹介された多数の候補から2つに絞り、所長の人柄や事務所のポリシー、サービス提供のスタンスなどをじっくりと見極めた結果、納得できる事務所からの内定獲得に至りました。

⇒ Sさんの転職成功事例を詳しく見る

会員登録はこちら

4.30代~40代税理士のニーズは高い

上で見たとおり、平均年齢が高い税理士業界では、転職者の年齢も自ずと高くなります。したがって、税理士の転職に年齢制限はないといえます。

ただし、年齢に応じた経験とスキルは求められることになるでしょう。30歳を超えても、税理士試験全科目合格者なら未経験でも可能性がありますが、そうでなければ厳しいかもしれません。また、35歳以上の場合は、実務経験に加えてマネジメント経験も求められることになるでしょう。

会員登録はこちら

5.まとめ

30代~40代でも十分に転職が可能な税理士業界。ただし、年齢が高くなってからでの転職は、経験の棚卸や面接対策など、しっかりとした準備が必要です。どのように準備したら良いか自分だけではわからない場合には、弊社にご相談ください。
これまで数多くの税理士を転職成功に導いてきた実績と経験、税理士の転職を得意とするキャリアアドバイザーがサポートさせていただきます。

会員登録はこちら

【参考URL】
『40代以上で税理士の資格取得された方の就職事情』
『平均年齢は60歳以上!税理士の年齢層の割合』
日本税理士連合会『データで見る税理士のリアル』

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!