2024年04月18日

衛生管理者は転職で有利って本当?アピール方法や求人例など

管理部門・士業の転職 管理部門・士業の転職
\すぐに転職をお考えでない方も歓迎!/

人事・総務向けの転職個別相談会
▶詳細はこちら

常時50人以上の労働者を使用する事業場では、その事業主が労働者の健康や安全のために、必ず衛生管理者を選任しなければならないと労働安全衛生法によって定められています。

衛生管理者として選任される者は、国家資格の衛生管理者や医師などの資格のうちいずれかを取得している必要があります。
事業者は、衛生管理者を選任すべき理由が生じた日より14日以内に選任するとともに、所轄の労働基準監督署にその旨を報告することが義務付けられています。
選任義務があるのに衛生管理者を置かなかった場合、50万円以下の罰金に処するという罰則規定も設けられています。

人事総務部の方は、衛生管理者に抜擢されることが多いようですが、衛生管理者の資格を取得している人は、転職市場で有利になるのでしょうか?

衛生管理者の役割・仕事内容とは

衛生管理者とは

衛生管理者は第一種、第二種に分かれています。第一種免許は全業種で対応可能ですが、第二種免許には、対応できない業種があります。
衛生管理者の免許を取得するには、公益財団法人安全衛生技術試験協会の行う国家試験に合格する必要があります。

代表的な受験資格を挙げるとすれば、大学・短大・専門学校以上を卒業していれば1年以上、高校を卒業していれば3年以上の労働衛生の実務経験が必要となり、10年以上の実務経験があれば学歴が問われることもありません。尚、実務経験を証明するために、事業証明書の提出が必要となります。

衛生管理者の試験科目は、第一種・第二種ともに労働基準法をはじめとする関係法令・労働衛生・労働生理の3科目より出題されます。
それぞれの範囲が40%以上、3科目合計で60%以上の得点をとることが合格基準の目安とされています。どちらの試験も合格率が概ね40%~60%台で推移していることを考えれば、独学でも十分に合格を狙えるでしょう。

衛生管理者の仕事内容

事業場で衛生管理者として選任された場合、そこで働く人々の健康や安全が維持・向上されることを目的とする業務を担当します。健康に異常が疑われる人がいれば医療を受けるよう案内したり、健康診断を受けていない人がいれば受診したりするよう勧奨します。

また、作業条件や施設現況などをチェックして、従業員が作業する環境に衛生上の問題がないかどうか調査するのも衛生管理者の仕事です。
少なくとも週1回は事業場を巡回しながら人と事業場に目を配らなければならず、衛生や安全にリスクが見られれば、その改善に取り組んでいきます。

健康意識の高まりを受けて、事業場でも健康管理の意識を高めるよう、禁煙キャンペーンや運動会などのイベントが催されたりもしていますが、それらを企画するのも衛生管理者に期待される役割といえます。

無料で転職支援サービスに申し込む

衛生管理者の資格は転職でも評価される?

一定規模の事業者であれば衛生管理者を設置しなければならないと法律で義務付けられている以上、衛生管理者の資格を取得しているだけでも相応の評価は得られることが期待できます。
特に、全業種で衛生管理者になることのできる第一種を取得していれば、幅広い業界から興味が寄せられることが期待できます。
中でも、人事総務職への転職を考えている方は取得することで任せられる業務の幅も広がるでしょう。

衛生管理者と併せて取得するのにおススメな資格としては、社会保険労務士が挙げられます。
その理由は、第一種衛生管理者資格の知識を活かせるためですが、他に学ばなくてはならない科目が多いため、簡単に取得できる資格ではありません。

比較的簡単に取得できる資格のうち、衛生管理者と併せて取得しておくと良いものとしては、「安全管理者」「防火管理者」「危険物取扱者」が挙げられます。

転職で衛生管理者の資格をアピールする方法

衛生管理者は、一定規模を超える事業者であれば必ず組織内に配置しなければならないため、規模が大きい企業であるほど、転職活動時のニーズも高くなると考えられます。
そのため、衛生管理者の資格を武器に転職活動を進めていくのであれば、応募先企業の規模も考慮しながら見極めることも一つの手です。

その際に取得しておくべきは、業種に捉われない第一種衛生管理者の資格です。実際の求人案件を眺めてみても、第一種衛生管理者を求めている事業者は多くあります。
衛生管理者の資格を転職でアピールする際は、次の2点に留意しておくといいでしょう。

・衛生管理者の資格は、あくまでも会社組織の一員として働いていくためのもので、独立を目指す資格ではないこと
・衛生管理者は、人事総務以外でも任命される場合があること

これらを念頭に置いておけば、衛生管理者資格が人材価値へのプラスアルファとして、バランス良く評価されやすくなります。

無料で転職支援サービスに申し込む

転職をお考えの衛生管理者資格取得者は「MS Agent」にご相談ください!

弊社MS-Japanが提供する「MS Agent」は、人事総務をはじめとした管理部門や士業に特化した転職エージェントとして、30年以上の実績があります。

それらの領域に特化しているからこそ、衛生管理者の資格を取得している方の転職支援も行っています。キャリア相談をはじめ、非公開求人を含む求人のご紹介や応募書類の添削、面接対策など入社までの一連の流れを全てサポートいたします。

ご自身のキャリアに不安がある方や効率良く転職活動を進めたい方はもちろん、「すぐに転職をするつもりはないけど、早めに情報収集をしたい」という方もぜひお気軽にご相談ください。

無料で転職支援サービスに申し込む

衛生管理者の資格を活かせる求人例

以下では、「MS Agent」で募集している衛生管理者の資格を活かせる求人の一部をご紹介します。

安定した大手上場メーカーグループ会社の人事職の求人

仕事内容
下記の中で、ご経験や適性を考慮しながらお任せする業務を決定いたします。
(1)労務管理、入退社管理、組織検討、評価・昇格運営、安全衛生、総務業務
(2)定期・中途採用業務、研修企画・運営業務
(3)労政、給与、福祉、海外人事業務
必要な経験・能力
<必須>
・人事業務経験(目安5年程度)
<歓迎>
・第1種衛生管理者などの資格を有する方
・マネジメント経験を有している(社内組織における役職経験)
想定年収
465万円 ~ 549万円

【フレックス有/上場企業】カフェや飲食店を展開する企業の労務スタッフ求人

仕事内容
<人事労務>
・給与計算
・社保手続き
・年末調整
・入退社処理
・勤怠管理
・評価制度の運用 など
<総務>
・各種許認可手続
・コンプライアンス業務
・オフィス設備管理
・安全衛生管理
・株主総会・取締役会関連業務 など
必要な経験・能力
<必須>
・事業会社での労務実務経験 3年以上(給与計算、社会保険事務、勤怠管理の経験必須)
・Excel(特にVLOOKUP)を使える方
<歓迎>
・上場会社での労務経験
・第二種衛生管理者の資格をお持ちの方
・従業員数500名以上の事業所勤務経験をお持ちの方
想定年収
360万円 ~ 550万円

成長産業支援事業を展開しているグロース上場企業より労務担当/リモート可

仕事内容
・法改正、社内制度に合わせた各種規程の整備・管理
・グループ会社等への出向管理
・個別労務対応(相談・面談・トラブル・懲戒対応など)
・マネジメント層への労務管理研修
・勤怠管理、給与計算、社会保険手続き
・入退社手続き
・安全衛生関連 など
必要な経験・能力
<必須>
・労務実務経験(目安:5年以上)
・労働関係法令の基礎知識(労働基準法、労働契約法、労働安全衛生法、労働者派遣法など)
・個別労務案件の対応経験
<歓迎>
・衛生管理者/社労士の資格保有
・チームやプロジェクトのリーダーシップ経験
・人事データの一元管理とデータ活用経験
想定年収
450万円 ~ 650万円

無料で転職支援サービスに申し込む

人事の求人を確認したい方はこちら

人事の求人情報

人事の求人情報

上場企業の人事労務求人からIPO準備企業の人事の求人などの高年収が見込める求人から20代・30代向けのスタッフ層求人、 人事マネージャーや部長などの管理職求人を幅広くご用意しております。
サイト上に公開されている求人はごく一部の求人です。 会員登録することでご確認可能です。

まとめ

より働きやすい環境づくりへの取り組みを社会が求めている今日、事業者はそれに応じていかなければなりません。
コンプライアンスも含めて考えれば、一定規模を超える事業者が衛生管理者の採用に積極的となるのは自然な流れといえるでしょう。

衛生管理者は人事総務担当者以外の人が選任される場合もあります。そのため、人事総務といった特定部署でのキャリアアップを図っていくための資格ではない点も、転職活動を進めていきやすい要因となっていくでしょう。
管理部門で働く方は、衛生管理者の資格取得を検討されてみても良いかもしれません。

これまでご紹介してきた内容を参考にしながら、この機会に衛生管理者の取得や、資格を活かした転職にチャレンジされてみてはいかがでしょうか。 衛生管理者は難易度がとても高い資格ではありませんし、キャリアの構成要素となってくれる国家資格としておすすめの資格です。

この記事を監修したキャリアアドバイザー

小島 亜里紗

大学卒業後、ウェディングプランナー、業界大手で求人広告の企画提案営業を経て、MS-Japanへ入社。
企業担当のリクルーティングアドバイザーを経験した後、現在は転職を考えられている方のキャリアアドバイザーとして、若手ポテンシャル層~シニアベテラン層まで多くの方の転職活動のサポートをしています。
人材業界での経験も長くなり、いつまでも誰かの記憶に残る仕事をしていたいと思っています。

経理・財務 ・ 人事・総務 ・ 法務 ・ 経営企画・内部監査 ・ 会計事務所・監査法人 ・ 役員・その他 ・ 公認会計士 ・ 税理士 ・ 弁護士 を専門領域として、これまで数多くのご支援実績がございます。管理部門・士業に特化したMS-Japanだから分かる業界・転職情報を日々更新中です!本記事を通して転職をお考えの方は是非一度ご相談下さい!

あなたへのおすすめ求人

サイトメニュー

職種で求人を探す
資格で求人を探す
勤務地で求人を探す
資格の転職情報を調べる
転職セミナー・個別相談会
転職サービス紹介
転職ノウハウ
求人企業の皆様へ
MS-Japanについて

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する

関連おすすめ記事

新着記事

Manegyニュースランキング

マネジーでポイントを貯めて、
豪華商品に交換しよう!

詳しくはこちら

powered by

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する