【法務の魅力紹介!】仕事内容・向いている人・やりがい・強みなど

更新日:2024/02/09
法務

【法務の魅力紹介!】仕事内容・向いている人・やりがい・強みなど

管理部門・士業の転職

法務を目指そうとしている人のなかには、「法務の仕事のどこにやりがいがあるのか?」と考える方も多いでしょう。
法務のやりがいは、企業のなかで持てる専門知識を存分に活かし、組織のなかで代えがたい人材というポジションを目指せます。
この記事では、法務のやりがいや仕事内容などについてご紹介します。 

法務のやりがいを感じるポイント

法務のやりがいを感じるポイントを見ていきましょう。

専門知識が活かせる

法務の仕事は、法律の専門知識が必要です。
 特に、法学部や法科大学院を卒業・修了した人にとっては、学んだ専門知識を活かせることが大きなやりがいとなるでしょう。

しかも、社外の弁護士などとは違い、法務は企業の内部で専門知識を活用します。
さまざまな契約や株主総会、子会社の設立、社内規定の作成、ライバル会社との紛争に社内から関わりながら、企業の利益追求をサポートします。

社内外のさまざまな人との交渉や、経営陣へのプレゼンテーション、自社の商品やサービス、会社組織などについての詳細な知識なども要求されてくるために、社外の弁護士には必要とされない、より高度なコミュニケーションスキルや幅広い知識が求められます。
企業の一員として経営目標を達成できたときには、大きな達成感を味わうこともできるでしょう。

このように法務は、独特のスキルや知識が要求されてくるために、一種の専門職であるといえ、転職にも有利です。
 複数の組織を渡り歩きながら、法務としてのスキルをブラッシュアップしていく人もいますので、挑戦のしがいがある仕事だといえるでしょう。

縁の下の力持ち

法務は自らが、開発のように新商品を生み出したり、営業のように売上を作ったりすることはありません。
社内のさまざまな部署の仕事を、法律の面からサポートする「縁の下の力持ち」です。
このことも、法務の独特のやりがいだといえるでしょう。

社内の部署で、「法律」が関係しないところはありません。
したがって、すべての部署が法務の力を必要としていることになります。
文面の一言一句に配慮しながら作り上げた契約書が、大きな売上につながることもあるでしょう。
また、消費者とのトラブルを速やかに解決できることもあるかもしれません。
このような、法務のサポートにより達成された、各部署での成果の一つ一つが、法務にとってのやりがいにつながります。

経営陣との距離が近い

法務は経営陣との距離が近いことも特徴です。
このことも、法務のやりがいの一つです。

法務の具体的な仕事である対外的な契約や、株主総会の運営、株式の発行、子会社の設立、社内規定の作成、紛争対応などのすべては、経営陣の直接的な意思決定を必要とすることです。
経営陣の意思を確認しながら仕事を進めていくことが、法務には求められます。

経営陣との距離が近いことにより、法務は会社を俯瞰的に見られるようにもなり、また仕事を達成した際には、経営陣から直接ねぎらいの言葉をかけられることもあるでしょう。
これらのことは、法務の大きなやりがいとなっています。


まずは転職エージェントに無料相談する

法務に向いている人の特徴

法務に向いている人の特徴を見てみましょう。

法的な知識・思考方法を備えている

法務に向いている人の第一の特徴は、法的な知識や思考方法を備えていることです。
法学部や法科大学院を卒業・修了した人にとってはおすすめの職場だといえるでしょう。

環境の変化に対応できる

企業は、ITの進化や経済のグローバル化、あるいは働き方改革への取り組みなど、さまざまな環境の変化にさらされています。
したがって、企業内で働く法務スタッフにも、環境変化に対応できる柔軟性が求められます。

課題解決の能力がある

法務は、単に法的なアドバイスをする存在ではありません。
社内のさまざまな課題について、法的な知識を駆使しながら、解決していくことが求められます。
したがって、課題解決能力がある人が向いています。

\すぐに転職をお考えでない方も歓迎!/

法務職向けの転職個別相談会
▶詳細はこちら

Web会議・お電話から参加可能!

法務の仕事内容

企業法務にはさまざまな仕事がありますが、特に以下の4つが主なものとして挙げられます。

契約・取引法務

最も多いのは契約や取引に関する法務業務です。
企業活動をするうえで契約はつきものです。
企業は取引先と売買契約や秘密保持契約、業務委託契約など、さまざまな契約を結びます。

契約書自社や相手方にとって不当なものになっていないか?自社が不利益を大きくこうむるリスクを抱えるものになっていないか?を確認して契約書を作成します。
また、海外と取引がある企業では英語で書かれた契約書も確認・作成します。

機関・組織法務

株主総会や取締役会など、企業を運営するにあたって重要な機関・組織を運営する業務です。
会社法に則って業務を遂行し、株式の発行や分割、子会社設立の手続きなども機関・組織法務に含まれます。
ミスや法に則っていない部分があると会社に対する信用が著しく毀損されるため、法務業務のなかでも得に責任が重い仕事です。

コンプライアンス・社内規定

社内規定の作成や研修の実施、相談窓口の設置・運営などを通して、従業員に対して法令と企業倫理の遵守を徹底させます。
近年ではコンプライアンスの遵守が厳しく求められているため、こちらも法務にとっては重要な業務です。

紛争対応法務

取引先との契約上のトラブルや競合企業との紛争、顧客からのクレームなどに対応します。トラブル対応やクレーム処理は一般的にはカスタマーセンターやお客さま相談窓口、あるいは営業担当が行いますが、訴訟などの法的な手段をとる場合、とられた場合は法務が対応することもあります。

まずは転職エージェントに無料相談する

法務実務経験者の強み

法務職を経験することで、高度な法律知識だけではなく、さまざまなスキルが身につき転職にも役立ちます。以下のようなスキルや実績があれば積極的にアピールしましょう。
法務としての経験・知識
・民法、商法、会社法、有価証券法、独占禁止法、労働基準法などの経験と知識
・転職先のニーズに合致する領域の強化とアピール
契約書の確認・作成実績
・月間40件以上の契約書の確認や作成の実績が豊富であることが評価基準
・契約書作成の実績アピール
社内規定の作成・運用実績
・コンプライアンス強化に伴い、社内規定の作成・運用経験のアピール
・ニーズが高まる法務担当者の実績
訴訟対応・クレーム対応
・訴訟やクレーム対応の経験と結果のアピール
・企業にもたらした利益の説明
戦略的法務の実績
・予防法務を超えた戦略法務の実績とアピール
・企業に利益をもたらした実例の紹介
ビジネス力
・法務としてのビジネスパーソンとしての実績
・事業展開に活かした法律知識やスキルのアピール
コミュニケーション能力
・多岐にわたる部門とのコミュニケーション能力のアピール
・法務研修、コンプライアンス相談窓口、クレーム処理等の実績の紹介
マネジメント経験
・大手企業法務の転職でのマネジメント経験のアピール
・プロジェクトリーダーや他部門の従業員との連携経験の紹介
語学力
・国際法務の経験
・英文契約書の確認・作成、英語でのメール対応、海外取引先との会議の経験などのアピール

まずは転職エージェントに無料相談する

未経験でも目指せるのか?

法務の求人は基本的に売り手市場になっています。 したがって、未経験でも採用のチャンスは十分あります。
特に優遇される可能性があるのは、法科大学院の修了生です。
MS Agentでも、法科大学院修了生の転職支援に力を入れており、多くのサポート実績がございます。
求人情報やこれまでの転職実績は下記ページをご参考ください。

MS Agent 法科大学院修了生向け特集ページ

法務の求人例をご紹介!

広告テクノロジーのグロース上場企業より法務担当

仕事内容
・契約法務(国内事業会社の典型契約)
・商事法務(株主総会/株式事務/ディスクロージャー)サポート
・そのほか法務に関連する事務全般
必要な経験・能力
<必須>
・法務へキャリアチェンジされたい方
※法学部卒・法科大学院修了生・パラリーガルの方大歓迎です※
<歓迎>
・法務実務経験がある方
・知的財産管理技能士2級をお持ちの方
・英語の使用に抵抗がない方
想定年収
360万円 ~ 450万円

東証グロース上場企業の会社より総務法務の募集

仕事内容
・契約書チェック、契約審査
・社内における法律相談
・契約書運用管理
・総務業務全般
必要な経験・能力
<必須>
下記いずれかに当てはまる方
・法務業務経験をお持ちの方
・法学部を卒業されており、社会人経験がある方
・法科大学院修了生の方
想定年収
350万円 ~ 500万円

世界シェアトップクラス/法務担当/リモートワーク可/フレックス制度有

仕事内容
・秘密保持・売買契約等の日常的な契約審査
・相談対応
・会社法・倒産法
必要な経験・能力
<必須>
以下いずれかを満たす方
・法学部または法科大学院卒
・企業(メーカー勤務が望ましい)または法律事務所での法務実務経験をお持ちの方
<歓迎>
・英文契約実務等、海外業務経験をお持ちの方
想定年収
510万円 ~ 1,000万円

その他の法務の求人をご確認したい方はこちら

法務の求人情報

法務の求人情報

上場企業の法務担当やIPO準備企業の法務担当求人、法科大学院修了生歓迎求人など幅広くご用意しております。
サイト上で公開されている求人はごく一部です。そのほかの求人情報は会員登録することでご確認いただけます。


まとめ

法的な専門知識を活かしながら、社内のすべての部署に対して法的なサポートをしていく法務。
高い専門性が求められるため、スキルアップを図りながら転職していくことも可能です。
未経験者でも採用のチャンスは十分あるので、興味のある方は転職をご検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を監修した人

大学卒業後、旅行代理店にて法人営業を約3年。20代でMS‐Japanへ入社。
企業の採用支援(リクルーティングアドバイザー)を約8年、求職者の転職支援(キャリアアドバイザー)を約5年経験。
両ポジションでチームマネジメントを経験し、キャリアアドバイザーとしては複数回にわたり支援実績数NO1を獲得。リクルーティングアドバイザーにおいても入社1年半後にチームマネジメントを経験させていただきました。現在は子育てと両立しながら、常に社内でトップ10以内の採用支援実績を維持。
あなたのおすすめ求人

管理部門・士業業界最大級の求人数と職種・転職に精通したアドバイザーが転職をサポート。ご要望に応じた転職先をご提案いたします。

管理部門・士業業界最大級の求人数!
職種・転職に精通したアドバイザーがご相談から入社までサポートいたします。
完全無料!登録1分!転職支援サービスに申し込む

関連おすすめ記事

管理部門・士業業界最大級の求人数!
職種・転職に精通したアドバイザーがご相談から入社までサポートいたします。
完全無料!登録1分!転職支援サービスに申し込む