法務のやりがいや仕事内容

法務
2020/07/31

法務のやりがいや仕事内容

法務 やりがい

法務を目指そうとしている人の中には、「法務の仕事のどこにやりがいがあるのか?」と考える方も多いでしょう。 法務のやりがいは、企業の中で持てる専門知識を存分に活かし、組織の中で代えがたい人材というポジションを目指せます。 この記事では、法務のやりがいや仕事内容などについてご紹介します。


法務のやりがいを感じるポイント

法務のやりがいを感じるポイントを見ていきましょう。

専門知識が活かせる

法務の仕事は、法律の専門知識が必要です。 特に、法学部や法科大学院を卒業・修了した人にとっては、学んだ専門知識を活かせることが大きなやりがいとなるでしょう。

しかも、社外の弁護士などとは違い、法務は企業の内部で専門知識を活用します。 さまざまな契約や株主総会、子会社の設立、社内規定の作成、ライバル会社との紛争に社内から関わりながら、企業の利益追求をサポートします。

社内外のさまざまな人との交渉や、経営陣へのプレゼンテーション、自社の商品やサービス、会社組織などについての詳細な知識なども要求されてくるために、社外の弁護士には必要とされない、より高度なコミュニケーションスキルや幅広い知識が求められます。 企業の一員として経営目標を達成できたときには、大きな達成感を味わうこともできるでしょう。

このように法務は、独特のスキルや知識が要求されてくるために、一種の専門職であるといえ、転職にも有利です。 複数の組織を渡り歩きながら、法務としてのスキルをブラッシュアップしていく人もいますので、挑戦のしがいがある仕事だといえるでしょう。

縁の下の力持ち

法務は自らが、開発のように新商品を生み出したり、営業のように売上を作ったりすることはありません。 社内のさまざまな部署の仕事を、法律の面からサポートする「縁の下の力持ち」です。 このことも、法務の独特のやりがいだといえるでしょう。

社内の部署で、「法律」が関係しないところはありません。 したがって、すべての部署が法務の力を必要としていることになります。 文面の一言一句に配慮しながら作り上げた契約書が、大きな売上につながることもあるでしょう。 また、消費者とのトラブルを速やかに解決できることもあるかもしれません。 このような、法務のサポートにより達成された、各部署での成果の一つ一つが、法務にとってのやりがいにつながります。

経営陣との距離が近い

法務は経営陣との距離が近いことも特徴です。 このことも、法務のやりがいの一つです。

法務の具体的な仕事である対外的な契約や、株主総会の運営、株式の発行、子会社の設立、社内規定の作成、紛争対応などのすべては、経営陣の直接的な意思決定を必要とすることです。 経営陣の意思を確認しながら仕事を進めていくことが、法務には求められます。
経営陣との距離が近いことにより、法務は会社を俯瞰的に見られるようにもなり、また仕事を達成した際には、経営陣から直接ねぎらいの言葉をかけられることもあるでしょう。 これらのことは、法務の大きなやりがいとなっています。

まずは転職エージェントに無料相談する

法務に向いている人の特徴

法務に向いている人の特徴を見てみましょう。

法的な知識・思考方法を備えている

法務に向いている人の第一の特徴は、法的な知識や思考方法を備えていることです。 法学部や法科大学院を卒業・修了した人にとってはおすすめの職場だといえるでしょう。

環境の変化に対応できる

企業は、ITの進化や経済のグローバル化、あるいは働き方改革への取り組みなど、さまざまな環境の変化にさらされています。 したがって、企業内で働く法務スタッフにも、環境変化に対応できる柔軟性が求められます。

課題解決の能力がある

法務は、単に法的なアドバイスをする存在ではありません。 社内のさまざまな課題について、法的な知識を駆使しながら、解決していくことが求められます。 したがって、課題解決能力がある人が向いています。

まずは転職エージェントに無料相談する

法務の仕事内容

法務の仕事内容を見てみましょう。

契約・取引法務

取引先とのさまざまな契約に際して、法的な問題点を洗い出し、契約書を作成します。

機関・組織法務

株主総会や取締役会の開催、株式の発行、子会社の設立などに際して、必要となる法的手続きを担当します。

コンプライアンス・社内規定

社内規定の作成や研修の実施、相談窓口の設置などを通して、法令と企業倫理の遵守を従業員に徹底させます。

紛争対応法務

取引先との契約上のトラブルやライバル企業との紛争、顧客からのクレームなどに対して法的対応を行います。

まずは転職エージェントに無料相談する

未経験でも目指せるのか?

法務の求人は基本的に売り手市場になっています。 したがって、未経験でも採用のチャンスは十分あります。
特に優遇される可能性があるのは、法科大学院の修了生です。 MS Agentでも、法科大学院修了生の転職支援に力を入れており、多くのサポート実績がございます。求人情報やこれまでの転職実績は下記ページをご参考ください。

MS Agent 法科大学院修了生向け特集ページ

まずは転職エージェントに無料相談する

まとめ

法的な専門知識を活かしながら、社内のすべての部署に対して法的なサポートをしていく法務。高い専門性が求められるため、スキルアップを図りながら転職していくことも可能です。未経験者でも採用のチャンスは十分あるので、興味のある方は転職をご検討してみてはいかがでしょうか。

まずは転職エージェントに無料相談する

【関連記事】
法務職ってどんな仕事をしているの?給料、関連資格など徹底解説!
法務・総務の仕事内容と求められるスキル

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!