経理職から財務職でキャリアアップへ!財務会計と管理会計の違いを整理!

経理・財務
キャリア

経理職から財務職でキャリアアップへ!財務会計と管理会計の違いを整理!


経理から財務へのキャリアアップは、経理士としての王道と言えるでしょう。
一般的に経理より財務の方が難しく、経理のキャリアパスとして人気の高い職種です。
それでは、実際に経理から財務へ転職する際はどのような点に注目すべきでしょうか?
本記事では混同されがちな財務会計と予算会計の違いについて解説し、求められるスキルについて解説していきます。


まずは経理財務求人をご確認したい方はこちら

経理の求人情報

経理の求人情報

上場企業の経理マネージャーからIPO準備企業の経理部長候補の求人などの高年収が見込める求人から20代・30代向けのスタッフ層求人、未経験OK求人など幅広くご用意しております。
サイト上に公開されている求人はごく一部の求人です。会員登録することでご確認可能です。


財務の求人情報

財務の求人情報

国内最大級の財務に関する求人情報を保有している弊社では、これから財務としてキャリアアップを目指すための求人やすでに財務のスペシャリストとして活躍されている方向けの求人など数多くご用意しております。
弊社のみが扱っている求人も多いため、ぜひご確認ください。


管理会計の求人情報

管理会計の求人情報

より経営に近いポジションなため世の中的には求人数は少ないですが、弊社は管理部門特化型エージェントなので、管理会計の求人も多く保有しております。ごく一部ではありますが、ご確認ください。
またより多くの管理会計の求人をご確認いただきた場合は、会員登録していただければ確認できます。


経理と財務の違い

まず経理と財務の仕事の違いを押さえておきましょう。

経理の仕事内容

経理業務について具体的に挙げてみると、

・日次業務:資金管理、経費精算、請求業務、伝票処理、支払業務等
・決算業務:貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書といった決算書作成、予算実績管理、決算短信・有価証券報告書等

などがあります。

経理の仕事は、事業において発生する収支を管理して、経営状態を定量的に可視化できるようにすることが主な役割となります。
経理がまとめた各種資料を基に、経営者は経営判断を行いますし、投資家は投資判断を行います。

財務の仕事内容

財務と聞いて、貸借対照表、損益計算書などの作成および決算業務を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、それらは上述のように 経理の担当業務です。

財務の仕事とは、

・銀行融資や株式発行などの手段を講じて企業の資金調達を担う
・投資やM&Aなどによる資金運用を図る
・予算管理を行う

といったものが挙げられます。

財務の仕事は、事業を継続・拡大するために必要な資金を確保すること、余剰資金を運用して利益を増やすことと言えます。
そのために中長期的な計画を立て、現状を把握して必要な資金を得る手段を講じます。
財務の仕事に は金融機関など社外を説得する力 も要求されますので、ある程度の専門的な知識を備えておく必要があります。 

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

管理会計とは

管理会計について、その概要を人間の身体で例えると「会社の血液検査」です。
会社の健康状態は今どのような状況なのか、これからどうしていくべきなのかを検討する、言わば「会社内部の管理」を行うための会計と考えると分かりやすいでしょう。
社内の各部署から上がってくるデータを基に、経理部が会計資料の形に落とし込んでいきます。
直接費(売上原価など)・間接費(水道光熱費など)といった原価分析、何で儲けているのかの収益分析を踏まえ、現状の把握や今後の経営判断に役立てるための会計です。

共通のルールに基づいて情報を公開しなければならない財務会計とは違い、管理会計の場合は書式も会社によって自由です。
各社の事情に応じて、資料分析・レポートに関する軸を決めていき、最終的に経営陣がかじ取りをする際の参考資料とします。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

財務会計とは

財務会計では、利害関係者に向けて報告する資料を作成します。
人間で言えば、就職活動時に提出する「健康診断書」のような役割を担います。
貸借対照表・損益計算書といった、その年の成績をまとめた資料を作成し、株主などに経営に関する情報を伝えることが役割です。
その中身を見て、投資家・株主は、今後もこの会社に出資するか・株を保有し続けるか検討することになります。

資料の提出に関しては、各社共通のフォーマットを用います。
これは、管理会計と違い、会社それぞれで計算方法が異なると、利益の配分方法・割合・税金計算などが不公平になってしまうおそれがあるからです。
会社の経営状況に問題がないものと認められれば、会社の収益から恩恵を受けられるものと判断し、今後も投資活動が続けられるものと見込まれます。
対外的に成績を報告することが、財務会計に求められている役割と言えるでしょう。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

管理会計の2つの管理

管理会計には「予算管理」と「原価管理」の、大きく分けて2つの管理があります。

予算管理

管理会計の基本は、まずは予算管理です。
ビジネスはとかく「とにかく作って、売ったらこれだけ利益がでた」と、過去の数字を追いかけがちです。 しかし、予算管理を行うことで、目標と計画を立て、それを実績と比較する未来志向の経営が可能となります。

予算は単年度、あるいは3年単位など中期経営計画に応じた年数で策定します。
事業部門ごとに、売上、原価、経費、および利益のそれぞれについての策定が必要となってきます。
商品が複数ある場合には、商品ごとの予算も策定します。
経費については、固定費と変動費をしっかり区別することも経営分析のためには重要です。

策定した予算は、1ヶ月や3ヶ月といったスパンで実績と比較します。
予算と実績の乖離が大きい場合には、その原因を特定し、改善のための対策を講じます。

原価管理

原価計算は、予算管理と並ぶ管理会計のもう一つの柱で、製造業を中心に導入されています。
製品やサービスを提供するための費用を計算することを意味します。

最初に、材料費・労務費および経費の費目別原価計算を行い、次に部門別原価計算、最後に製品別原価計算と、ステップを踏みながら計算を進めます。
1つの製品を作るのにいくら原価をかけるのか、目標となる標準値を設定する標準原価計算と、実際に使われた原価である実際原価計算、固定費と変動費に分けて計算する直接原価計算の3種類があり、必要に応じてそれぞれを使い分けます。

固定費と変動費を分ける直接原価計算により、売上から変動費を差し引くと「限界利益」が算出されます。
すべての固定費を回収できる地点を示す経営上の指標である限界利益の算出で、製品の価格決定や事業の継続・撤退の判断などの経営判断が可能になります。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

管理会計と財務会計の違い

管理会計と財務会計の違いについて簡単にまとめると、社内の将来を管理する目的で行うのか、社外に過去の実績を報告する目的で行うのかという違いがあります。
財務会計において必要とする財務諸表は、さながら辞書・写真のように一つの時代を反映したものであり、その時間は各年度で止まっています。
成績を過去として作成しなければ、税金の金額・配当金などがいつまでたっても計算できず、企業経営に支障をきたします。
よって、その年に会社に出資してくれた人に対し貢献度に応じた配当金を支払うため、稼いだ分を税金として納めるために、財務会計が存在します。

一方、管理会計は会社の将来を管理するために行われます。
原価計算・月次決算などの概念があるのは、毎月の成績から今後の企業活動をどう進めていくのかを判別するためです。
広告宣伝費が例年に比べて膨大になっていたとしたら、それは経営者の想定したことなのか。
消耗品費が昨年・昨月より不自然な上昇をしていた場合、誰が何を購入したのかを担当者は把握しているのか。
原価率が年々高くなっている部門があるなら、原価を下げる努力はしているのか。
こういったことを逐一確認し、会社をあるべき姿に押し上げていくのが、管理会計に求められています。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

経理から財務、管理会計へステップアップするためには?

今回ご紹介したいずれの業務も、基本となるのは経理部門で経験です。多くの場合、経理業務の経験を積んだのち、財務や管理会計に業務範囲を広げていきます。

但し、誰しもが待っていれば財務の経験を積めるわけではありません。事業規模が小さい企業では、経理業務の中に財務や管理会計が含まれ同じ部門で携われることもありますが、実際には財務や管理会計の必要性が少なく、概ね経理業務に終始する可能性もあります。専門的に財務や管理会計の経験を積むのであれば、ある程度の事業規模の企業に勤める必要があります。 また、財務や管理会計を担当するためには、それに見合った能力を身につける必要があるのです。

財務や管理会計の担当者には、企業の資産全般を管理する能力が求められます。まず必要になるのが、キャッシュフローを正確に捉えて 、現金や資産の動きを将来にわたり管理する能力です。更に 資金調達に関するノウハウと、実務経験も重要になるでしょう。

また事業計画を立て、必要な予算を策定することや、計画の進捗を管理して、不足がある場合には、経営陣に対して適切なアラートを出し、計画の修正や改善案を提供することも求められます。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

財務や管理会計の将来性、さらなるキャリアパスは?

財務や管理会計の担当者として実績を積んでからは、更なる キャリアアップを目指すことになるでしょう。ここでは、大きく3つのキャリアパスを紹介しましょう。

CFOを目指す

企業内でポジションアップを狙うなら、経理・財務・管理会計で実務経験を積み、課長、部長などの管理職を経て、管理部長を目指していきましょう。
更にその先には、CFO(最高財務責任者)も視野に入ってきます。
現代のビジネス界では、CEO(最高経営責任者)とともに、このCFOが企業の顔として注目されるケースが増えてきました。

経営企画・事業企画を目指す

経理の仕事をしている中で、事業やサービスを作り出す事や成長させることに興味を持つ方もいると思います。
その場合は、経営企画や事業企画を目指すことをお勧めします。
営業職出身者が経営企画、事業企画を担う企業もありますが、昨今は計数管理がしっかりとできる人材を配置する企業も増えています。

事業計画を策定し、必要な資源を確保して事業を成長させる仕事には、経理や財務、管理会計とは違った遣り甲斐があります。

コンサルタントを目指す

財務・管理会計で培ったスキルをもとに、企業を外部から支援するコンサルタントを目指すことも可能です。
経理業務の代行を行ういわゆる会計事務所や税理士法人ではなく、資金調達や事業計画策定の支援を行うコンサルティングファームに転職するという選択肢もあります。
但し、コンサルティングファームの多くは、公認会計士や税理士の資格を有する同僚と仕事をするため、自分自身も資格を取得する、又は専門性や強みを持っている必要があります。

会員登録するとMS Agentだけが取り扱っている非公開求人も随時ご紹介させていただきます。
キャリアビジョンやライフスタイルなどのあなたのご希望を踏まえて、最適なキャリアプランをご提案いたします。 簡単分!無料会員登録する

まとめ

経理の世界でキャリアアップを求めるなら、財務や管理会計に関するスキルや資格を身につけることをおすすめします。財務や管理会計に携わることが、企業の経営戦略の一端を担うことになるため、管理職や役員を目指していくための第一歩と言えます。

自分だけでの転職活動が不安な時には、MS-Japanの転職エージェントサービス を利用してみましょう。経理から財務や管理会計にステップアップする方法はもちろん、具体的にチャレンジできる求人情報も提供しています。

【おすすめ記事】
公認会計士試験の不合格者は就職・転職市場から歓迎されるのか?
IPO企業から求められる人材とは!?
会計事務と経理事務の違いは?仕事内容やおすすめの資格



この記事を監修した人

大学を卒業後、WEB制作会社にて制作の現場や制作技術の研修担当として勤務。
研修業務を経験したことで制作よりも人材に関わる仕事がしたいと考えMS-Japanへ入社。
現在はキャリアアドバイザーとして経理職や会計事務所の方を中心に管理部門の皆さまのご転職のご支援をさせていただいております。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!