銀行員から経理を目指すには?転職を成功させるポイント

経理・財務
2019/12/04

銀行員から経理を目指すには?転職を成功させるポイント

銀行員は、預金や融資に関わる業務をしていることから、会計やお金に関することに強いというイメージがあります。
しかし、実際にやっている仕事は財務的な要素が多く、特に融資業務が重要視されます。

このことから、銀行員から経理職への転職はそれほど簡単ではないものと理解されていますが、必ずしもそうとは言い切れません。
今回は、銀行員から経理職に転職する難易度や方法・別の可能性などについてご紹介します。

この記事のまとめ

・決算書のチェックなどといった業務経験は、銀行員が経理に転職する上でアピール材料となる

・会計事務所での勤務経験者も銀行員同様、経理へ転職しやすい

・いずれにしても未経験採用になるため、経理への転職を考えているなら資格取得などといった努力はするべき

銀行員から経理に転職できるのか?

経理職への転職は、転職市場の傾向を見る限り、実務経験者が優先されます。
よって、銀行員として銀行事務に携わった経験があったとしても、経理職という枠組みでは「未経験者」という扱いになってしまうため、未経験可の経理求人などであれば転職できる可能性はあります。

ただ、未経験者の中であっても、銀行員という立場は少なからず有利に働きます。
直接お金に携わる仕事をしていない技術職や、社内のお金の流れを記録する経験を積んでいない他業種の営業職に比べると、業務への理解が早いと判断されるからです。

もちろん、もっぱら融資担当だった場合などは、多少経理とは距離があるものと判断されるでしょう。
しかし、決算書のチェックなどは業務として行っているケースも多く、会計知識をアピールできるため、他よりも有利になる可能性が高いです。

銀行員から経理に転職しやすい理由

どのような仕事に携わってきたのかにもよりますが、銀行員はスキルの面で経理とかみ合いが良い傾向にあります。
銀行業務検定を取得する都合上、財務・法務・税務に関する知識があり、また審査のため決算書を読み解く技能も学んでいるからです。

そのような事由から、経験している職務内容によっては印象が良いと感じる会社も少なくなく、他の職種と比べると優遇されているかもしれません。
中小企業の経理部の中には、保険商品の手続きを行う担当者を設けている場合があるため、ファイナンス面での補強を検討して採用するケースもあるようです。
ただし、経理業務自体が全くの未経験であれば、会計に関する能力・実績を証明するものが職務経歴書の中にないはずです。
そのため、簿記などの資格を取得しておく準備は必要でしょう。

銀行員が経理に転職するためのポイント

経理未経験者の銀行員が経理職に転職するためには、転職市場のニーズを読み解く必要があります。
経理職を中途採用で募集する場合、その多くが欠員募集であり、人事の側もできるだけ経験者を優先して採用したいと考えます。

しかし、猫の手も借りたいほど忙しい状況であれば、仮に応募者が未経験だったとしても「簡単な作業をさせながら育てていこう」と考える会社も出てきます。
つまり、応募しようとする会社の景気が良く、まだ若いと客観的に言える年齢であれば、未経験でも応募・採用に至るケースは珍しくありません。

若さの目安としてはやはり20代で、30代以上になると経理経験を求められる場合が多くなります。
また、前職での経験が長いと、新しい環境に順応できるかどうか、採用する側も不安に感じるようです。
30代が工夫できる要素としては、決算や経理に関連することを現職で行っていないかどうか、自分の仕事をもう一度洗い出すことです。
例えば、その会社の経理部で役職者が財務を兼任している場合、財務に関する仕事を振ろうと考えるケースも十分考えられますから、会社の数字・融資に関わる仕事の経歴はもれなく書類に記載しましょう。

会計事務所から転職するには

銀行員と似たような立場の人材として、会計事務所での勤務経験者が挙げられます。
会計事務所ばかりを転々としてきた人にとっては、その忙しさから一般企業の経理に憧れを抱くケースは多く、給与アップを目指して大手企業への転身を図る例は多く見られます。

実際に経理を経験したことはない場合でも、必要に応じて仕訳を切り、決算に関する書類も自分でまとめる能力を持っている人材が多いため、こちらも経理職への転職は有利となるでしょう。
ただし、アプローチの方法によっては不利になるケースも考えられるため、銀行員同様どのような経歴を積んできたのかを明確にアピールする必要があるでしょう。

一般的な経理職に比べると、会計事務所で得られる知識・経験は幅広く、実際に何をしているのか採用担当者が理解できない経歴を履歴書・職務経歴書に書き込んでも効果は薄いかもしれません。
よって、決算を組んだ経験・税務申告に携わった経験のアピールなど、会社のニーズに合致するような経験を中心に伝えるとよいでしょう。

銀行員が経理に転職するために準備しておくべきこと

銀行員が経理職に転職すること自体は、決して不可能なことではありません。
しかし、銀行員という条件だけでは、就職活動が不利になるおそれもあります。

未経験で採用を勝ち取るためには、経理職との親和性をアピールすることなど、採用側に向けた配慮が必要です。
また、経理に関する能力を身に着けるため、何らかの形で行ってきた自助努力も伝えた方が、採用される可能性は高まるでしょう。
日商簿記2級以上のレベルの資格取得・経理業務と親和性のある仕事での実績をアピールすることなど、在職中にアピールできるキャリアを積み重ね、転職に向けた努力を続けることが大切です。
特に、銀行員は経理畑を歩んでいる人に比べて、会社組織が必要とする知識を横断的に手にする機会に恵まれているため、財務・法務・税務といった面でも役に立つ「管理部門の何でも屋」的ポジションを狙うというアプローチもあります。

小規模な中小企業であれば、経理部門≒管理部門的な立ち位置で仕事を進めることも珍しくありません。
求人情報を熟読し、自分でも活躍できる立ち位置での採用かどうかを見極めた上で、転職を検討しましょう。

経理の求人を確認する!

【おすすめ記事】
経理経験者が転職して年収を上げるには!?おすすめ求人も公開!
経理は「つぶしがきかない」職種?どの会社でも重宝される経理職の特徴とは
会計事務所から経理へ転職!アピールするポイントや志望動機は?

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!