2024年03月25日

2024年版【管理部門・士業の年収中央値ランキング】職種別・業種別・男女別・年代別など

管理部門・士業の転職 管理部門・士業の転職

この記事では、2023年1月~2023年12月の「MS Agent」登録者データをもとに、2024年における管理部門と士業の年収中央値をランキング形式で解説します。

職種別・業種別・男女別・年代別・エリア別に平均年収をまとめ、前年2022年のデータと比較しながら、景気変動も推察していきます。

【2024年最新版】管理部門・士業の年収中央値

年収中央値一覧2023年における管理部門・士業の年収中央値は、「管理部門」500万円、「士業」830万円、「士業事務所スタッフ」400万円です。 2022年と比較すると「士業」のみ30万円アップしています。


まずは転職エージェントに無料相談する

【職種・資格別年収中央値】2023年・2022年比較で上昇は公認会計士のみ

職種・資格別の年収中央値一覧次に、管理部門・士業を職種・資格別にまとめ、年収中央値を前年と比較しました。2023年と2022年を比較し、中央値が上昇した職種は、「公認会計士(50万円アップ)」のみであることが分かります。
対して減少した職種は、「経理(10万円ダウン)」、「人事(20万円ダウン)」、「法務(50万円ダウン)」、「特許事務所スタッフ(60万円ダウン)の4職種です。


まずは転職エージェントに無料相談する

【職種・資格別年収中央値ランキング】士業1位は公認会計士、管理部門1位は経営企画

職種・資格別の年収中央値ランキング(1~10位)職種・資格別の年収中央値ランキング(11位以降)続いて、管理部門・士業の職種・資格別に年収中央値をランキング形式にまとめました。トップ5は、1位が「公認会計士」950万円、2位「弁護士」800万円、3位「経営・戦略コンサルタント」720万円、4位「監査」710万円、5位「税理士」700万円です。

トップ10には、「管理部門」が最多の5職種、「士業」は3職種、「コンサルタント」・「監査法人スタッフ」が1職種、ランクインしました。


まずは転職エージェントに無料相談する

【男女別年収中央値】男女ともに上昇傾向は士業のみ

男女別の年収中央値次に、男女別に年収中央値を前年と比較しました。管理部門・士業全体では、「男性」が500万円、「女性」が400万円でした。

詳しく見ていくと、管理部門の「男性」が580万円、「女性」が420万円、士業では、「男性」が850万円、「女性」が750万円、士業事務所スタッフでは、「男性」が450万円、「女性」が380万円です。

2022年と比較して上昇傾向にある職種は、男女ともに士業のみで、他職種は減少傾向か、変化がありませんでした。


まずは転職エージェントに無料相談する

【年代別年収中央値】最高年収となるのは40代・50代

年代別の年収中央値上記は年代別に年収中央値をまとめた表です。 管理部門・士業全体では、「20代以下」364万円、「30代」450万円、「40代」550万円、「50代」670万円、「60代以上」650万円と、「50代」で最高平均年収となることが分かります。

管理部門は、最高年収が「50代」700万円、次点が「60代以上」650万円となりました。
士業では、「40代」980万円が最高年収で、「50代」900万円「60代以上」700万円と減少します。
士業事務所スタッフで「60代以上」600万円が最高平均年収で、年代とともに上昇することが分かります。


まずは転職エージェントに無料相談する

【業種別年収中央値ランキング】

業種別の年収中央値ランキング上記は、年収中央値を業種別にランキング形式でまとめた表です。トップ5は、「監査法人」800万円、「法律事務所」「メディカル・バイオ」600万円、「コンサルティング」560万円、「エネルギー・インフラ」540万円です。

2022年と比較すると、1位の「監査法人」が20万円上昇して2位との差を広げ、2位の「メディカル・バイオ」が30万円減少し、法律事務所と並びました。「WEB・インターネット」は50万円減少し、大きくランクを下げていることが分かります。


まずは転職エージェントに無料相談する

【エリア別年収中央値】

エリア別の年収中央値ランキング最後に、エリア別年収中央値ランキングをご紹介します。トップ3は「関東」486万円、「東海」410万円、「関西」「中国・四国」400万円です。
2022年と比較すると、上昇傾向にあるエリアは「中国・四国(12万円アップ)」のみで、その他のエリアは全て減少傾向にあることが分かります。


まずは転職エージェントに無料相談する

調査概要

2023年1月~12月に人材紹介サービス「MS Agent」に登録のあった管理部門・士業
調査主体:株式会社MS-Japan
※本調査では公認会計士、弁護士、税理士の資格保有者以外の士業事
所勤務者を士業事務所スタッフとして集計しています。
※本調査の平均年収は、小数点以下第1位を四捨五入しています。

■■本リリースの転載・利用に関するお願い■■
本調査結果を掲載・利用される場合は、
出典「MS-Japan調べ(https://www.jmsc.co.jp/knowhow/topics/12462.html)」と明記をお願いいたします。


まずは転職エージェントに無料相談する

管理部門・士業のキャリアアップは、「MS Agent」にご相談ください

今回は、弊社「MS Agent」の登録データをもとに、2023年における管理部門・士業の年収中央値を詳しく解説しました。
このランキングやデータを見て、自身の年収が低いと感じた方や、自身の職種が年収減少傾向にあることを知った方も多いでしょう。

年収アップキャリアチェンジを目指して転職活動を始める場合は、弊社「MS Agent」にご相談ください。
「MS Agent」は、管理部門・士業特化型転職エージェントとして30年以上の実績をもとに、様々な転職支援サービスを提供しています。
各職種に特化したキャリアアドバイザーとのカウンセリングや求人紹介、応募書類の添削、面接対策など、全て無料で受け付けておりますので、是非お気軽にご相談ください。

あなたへのおすすめ求人

サイトメニュー

職種で求人を探す
資格で求人を探す
勤務地で求人を探す
資格の転職情報を調べる
転職セミナー・個別相談会
転職サービス紹介
転職ノウハウ
求人企業の皆様へ
MS-Japanについて

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する

関連おすすめ記事

新着記事

Manegyニュースランキング

マネジーでポイントを貯めて、
豪華商品に交換しよう!

詳しくはこちら

powered by

業界最大級の求人数・転職支援実績!管理部門・士業の転職に精通した専門アドバイザーがキャリア相談~入社までサポートいたします。

無料でキャリア相談する