年収1,000万円を目指す公認会計士求人特集!~専門性を高めて年収アップ!~

求人の紹介を受ける

公認会計士×年収1,000万円の仕事

公認会計士は難関国家資格であり、高年収が期待される職業とされていますが、実際には所属する監査法人や企業の規模、専門性の深さによって年収は大きく変わります。
年収1000万円以上を目指す場合、Big4監査法人大手企業で重要なポジションに就いたり、経営、税務、ITなど関連分野の専門性マネジメントスキルを高めることが求められます。

年収1,000万円の求人は
こんな人におすすめ!

  • 規模の大きい業務に携わりたい人

    Big4監査法人のクライアントには日本を代表する大手企業が多く、大規模なプロジェクトに関わる機会が豊富です。
    また、大手企業で経理・財務や内部監査を担う会計士として働く場合、経営に関する重要なアドバイスを提供したり、幹部候補としての役割を担うことが期待されるなど、大きな責任と影響力を持つ業務に携わるチャンスがあります。

  • 専門性を高めたい人

    監査で培った知識に加えて、FASや税務などの経験を積むことで、他の会計士と差別化することができます。
    「希少な人材=市場価値の高さ」なので、独自の専門性を持つことでさらなる収入アップにつながります。

  • キャリアアップを目指している人

    クライアントとのやり取りを重ね、企業経営に関わる業務の実績を積むことで、ビジネスの本質を見抜く力が身に付きます。
    ベンチャー・スタートアップ企業のCFOや経営コンサルタントなどへキャリアアップする選択肢も見えてくるでしょう。

求人情報

年収1,000万円以上の求人を探す 求人の紹介を受ける

同じ職種の求人特集はこちら

職種別求人特集一覧

管理部門・士業業界最大級の求人数と職種・転職に精通したアドバイザーが転職をサポート。ご要望に応じた転職先をご提案いたします。