職種別用語集 | 外形標準課税

職務分野別の専門用語をわかりやすく解説します。実務はもちろん、職務経歴書作成時などにお役立て下さい。

外形標準課税 (ガイケイヒョウジュンカゼイ)

外形標準課税とは、会社法人の資本、売上金、従業員数、土地面積などの外形基準に基づいて課税される税のことです。現行の法人事業税では、原則として経営成績(所得)を基準に課税されることから赤字法人に対しては適用されず、景気の状況に応じて税収の増減がありました。これに対し、会社法人はその事業活動の規模に応じて行政サービスを受けていることから、法人事業税は経営成績によるものではなく、法人の事業規模・活動量を基準するという観点から、資本金1億円超の法人に対し外形標準課税が導入されました。平成16年4月1日に施行されました。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

最新求人情報や転職に役立つ情報をメールで配信します。

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!