採用成功事例

職務分野別の専門用語をわかりやすく解説します。実務はもちろん、職務経歴書作成時などにお役立て下さい。

外形標準課税

会計事務所の用語

外形標準課税とは、会社法人の資本、売上金、従業員数、土地面積などの外形基準に基づいて課税される税のことです。現行の法人事業税では、原則として経営成績(所得)を基準に課税されることから赤字法人に対しては適用されず、景気の状況に応じて税収の増減がありました。これに対し、会社法人はその事業活動の規模に応じて行政サービスを受けていることから、法人事業税は経営成績によるものではなく、法人の事業規模・活動量を基準するという観点から、資本金1億円超の法人に対し外形標準課税が導入されました。平成16年4月1日に施行されました。

更新日:2014年02月19日

会計事務所の用語一覧を見る
会計事務所の求人検索へ

転職トピックス転職トピックス一覧

業界情報や転職に関する情報等さまざまなトピックスを発信しています。転職をお考えの方もそうでない方も、ぜひご覧ください。

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top