転職トピックス

経理・財務

経理部はエリートが集まる出世コースって本当?

2018/06/13

20180613topics.jpg

会社の経営状態を包み隠さずチェックできる経理部。
ベテラン経理ともなれば、自社の財務状況を分析して会社の問題点をあぶり出し、経営者に改善提案を行うことも可能です。
そのため、経理部は出世コースであり、エリートが集まるとも言われています。
そこで今回は、経理部と出世の関係性、より活躍する上で必要なスキルや資格などについて調べてみました。
今後経理部への転職を考えている方や、現在経理部に所属している方で将来的には管理職などの出世の道を目指している方は、今後のキャリアの為に是非ご参考にしてみてください。

会社の数字を管理している経理部は、企業経営に欠かせない

経理部とは、会社のお金に関する業務を担当する部署のことです。
会社の数字を管理している部署であるからこそ、信用のおける実力のある人が求められます。
1円の誤差も許されない厳しさがあり、表舞台で活躍するというより縁の下の力持ちのようなポジションですが、健全な企業経営に欠かせない仕事を担当しており、やりがいを感じる部署です。

経理部に配属されたらエリートの証?

エリートしか入省することができない中央省庁のうち、最も入ることが難しいのは財務省です。
一般企業で言えば、お金に関することを扱っている経理部のようなものでしょう。
つまり、経理部に配属されるということは、将来的な出世を有望視されていると判断できます。
ただし経理部の場合は、配属されるには特別な経験が必須というわけではなく、中には未経験の経理担当者を募集している会社があることも事実です。
経理部は将来出世する可能性がある部署ですが、ただ配属されただけではエリートの証とは言い切れないでしょう。
経理部の仕事には、主に3つの種類があります。

1つ目は、データ分析や財務諸表の作成などの仕事をこなす過去のお金の流れを記録する仕事。
2つ目は、自社の経営状況の把握や業務改善の提案などを行う現在に関わりのある仕事。
3つ目は、資金管理業務、つまり会社の未来に関する財務の仕事です。

どれも大切な業務ですが、この内3つ目の財務の仕事を行うことができる実力があれば、経営者からも深く信頼されます。
財務の仕事までできる人は正真正銘のエリートです。ただ、配属されたからエリートというわけではなく、こなせる仕事とそのパフォーマンスによってエリートかどうか判別されます。

経理部に転職できたら出世コースは確実?

未経験から経理部に転職する人もいます。
前の項目で説明したとおり、ただ経理部所属になっただけでは、出世コース確実とは言い難いです。
ただし、毎日の業務の中で実力を磨き、経理部の仕事の中でも難易度の高い仕事を行える力がつけば、出世に結びつきます。
経理部への転職に成功したからと安心せず、財務の仕事もこなせるようにスキルを高めると出世が確かなものとなるでしょう。
また、ボードメンバーを目指すことも可能です。
新人の頃は、上司や先輩に教えてもらって経理としての基礎を習得することが中心となりますが、キャリアを積み重ねて実力がついた後は、自社の経営状態を客観視してみると良いでしょう。
しかし、活躍の場は自社だけとは限りません。経理部は会社の経営状態を考慮した上で自分の将来を考えて、身の振り方を考えることが肝心です。

出世するために必要なスキルや資格とは?

精度の高い仕事が要求される経理部の仕事で培うことができるスキルは多岐に渡りますが、出世をしたいなら、明確な目的意識を持ってスキルを高めることが効果的です。
自分は何を目指しているのか、将来像を明確化することで身に付けたほうが良いスキルがよりはっきりとわかるようになります。
例えば、経営陣を目指しているなら分析力やマーケティング力が必要です。部下に指示を出す立場になるとしても、最終判断は自ら行うことになりますから、経理や財務に関する広範かつ正確な知識も求められます。
目の前の仕事をただこなしているだけでは、スキルを伸ばすことは難しいです。
目的を明確化し、日々の業務においてスキルアップを意識的に行うことが大切と言えるでしょう。さらに資格も持っておいたほうが、出世に結びつきやすいです。

特におすすめの資格としては、日商簿記1級が挙げられます。知名度抜群で、経理業務で必要な知識がしっかりと身につきます。
日商簿記1級を取得できる実力があれば、実務上の知識面で困ることまずありません。さらに実務経験が組み合わされば、大企業への転職も可能となります。約500時間程度の勉強で取得できるので、合格を目指す価値がある資格です。
近年ではUSCPA(米国公認会計士)の取得もおすすめです。世界的にも有名な資格ですので、持っているとグローバルに活躍できる可能性が高まります。
資格を持っていないと出世できないとは言い切れませんが、あれば有利と言えます。まだ持っていない方は、上記の2つから取得を目指してみることをおすすめします。

まとめ

会社にとって最も大切なお金にまつわる仕事を扱う経理部は、出世につながりやすい部署です。ただし、在籍していれば誰でも出世できるというわけではありません。
経理部の仕事の中でも難易度と重要度の高い財務の仕事をこなせる実力を身につけることが肝心です。
財務の仕事ができるようになると、経営陣からも深く信頼され、ボードメンバーになれる可能性が高くなります。
実力を高めるためには、自分の目指す未来像を明確にし、意識的にスキルアップをはかると良いでしょう。
日商簿記1級やUSCPA(米国公認会計士)といった資格を取得することも効果的です。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 社労士の現実。資格をとったら年収はどれくらいもらえるのか?

前の記事 > 経理の転職 ポジティブな転職理由を伝えてキャリアアップを目指そう




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]管理部門・士業の年収診断 Manegy[マネジー]


日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]


転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top