病院の経理業務の仕事の流れとは?一般企業との違いを解説!

経理・財務
2021/09/22

病院の経理業務の仕事の流れとは?一般企業との違いを解説!


経理業務は業種や規模を問わず、すべての事業体で必要であると言っても過言ではありません。それは病院も例外ではなく、病院で働いている経理スタッフも大勢います。

この記事では、病院の経理業務の仕事の流れや業務内容についてご紹介していきます。一般企業と業務内容がやや異なっている病院の経理担当者として働くために必要な資格の有無、病院の経理へ応募する場合の注意事項などもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

まずは転職エージェントに無料相談する


病院の経理と一般企業の経理の違いは?医療事務は経理なのか?

病院の経理業務には独自の会計ルールがあり決算で必要になる書類の種類や中身に違いがあったり、仕訳の際に使用する勘定科目が違うため注意が必要です。ただし、基本的には一般企業での経理業務と共通する部分が多く、一般企業で培ってきた経理スキルも活かすことができます。

また混同されがちなのが医療事務ですが、医療事務は会計窓口として機能しているものの、業務内容は診療報酬請求の作成が中心となるため、経理機能とは性質が異なります。経理機能は経営管理の一環であり、バックオフィスという括りに含まれるよう、お客さんとの直接のやり取りは行いませんので、医療事務とは異なる存在です。

まずは転職エージェントに無料相談する

病院経理の仕事内容とは

病院の経理担当者が行っている業務について、より具体的にご紹介していきます。病院の規模による違いが生じ得るものの、病院経理の仕事内容は一般企業と比べて共通点が多々あります。

決算業務

病院にも一般企業と同じように決算があり、日次業務や月次業務を重ねていきます。日次業務として挙げられるのは、現金の出納管理、立て替えた経費の精算、伝票の作成や整理があり、月次業務としては医療機器メーカーや製薬会社など取引先への支払い、病院スタッフへの給与の支払い、社会保険料の納付などがあります。

また、年次業務としては決算をはじめ税務申告など、一般企業でも行われているものばかりです。

出納業務は窓口で患者さんが支払った診療報酬、入院している患者さんからの入院費用などの売上金を金融機関へ入金する業務ですが、これも一般企業における現金売り上げの処理とあまり違いはありません。

入院・外来の受付、料金計算及び管理、診療報酬の請求といった業務は経理担当者の仕事ではなく、医療事務担当者の仕事なので、経理担当者はあくまで病院経営における縁の下の力持ちとして活躍していきます。

人事労務業務

一般企業でも同様ですが、人事部をはじめとする労務管理を主として担う部署が独立して存在していない場合、経理部が人事労務に関する業務を担っているケースが多々あり、それは病院においても同様です。病院スタッフが加入する社会保険や雇用保険の申請手続きや、給与計算、給与明細発行などを担う場合もあります。

スタッフの採用については、人事部や専任の担当者がいない場合でも経理担当者が担うことはほぼありません。

総務業務、庶務業務

人事労務を経理が兼任しているケースが見られるよう、病院の管理部門は小規模であることが多く、経理の仕事だけをするというよりも他の管理部門業務を兼務するというケースが多々あります。このため経理業務に加え、総務・庶務業務が発生した際には経理が対応すると見込んでおいたほうが良いといえます。病院で発生する総務・庶務業務としては、行政や地域との関係から発生し得る諸々の業務、患者さんの送迎、病院で使用する薬剤・診療材料などの購入、病院の建物や駐車場の維持管理に関すること、診療情報に関すること、など多岐にわたります。

理事会などの事務局業務

事務局業務は一般企業の経理職とは異なる部分といえます。病院のバックオフィスとして、医師をはじめとする病院スタッフが安心して医療を提供できる場所づくりも担います。経理とは経営管理という言葉の略語であり、理事や経営幹部に提出する経営状況を示す資料作成を行うこともあります。

病院の経営状況を正確に把握して中長期計画を立て、予算を管理するための資料を作成し、病院運営の安定を裏から支えることはとても大切な業務となっています。

まずは転職エージェントに無料相談する

病院の経理の仕事に資格は必要?


病院の経理だからといって、働き始めるために特別な資格が必要というわけではありません。病院の経理の仕事は一般企業の経理業務の内容と大きく変わらないので、経理担当者を募集しているのであれば、一般企業と同じように経理や会計事務所での実務経験が歓迎されることが多いです。

また資格で言えば、簿記を取得していれば評価されやすい傾向が見られます。実務経験の内容については、大企業での経験よりも、中小企業での経理としてキャリアを積んできた人のほうが病院の経理職とのマッチング度合いは高めといえます。大企業での経理業務は細分化されており、ある特定の業務についてのプロフェッショナルとして成長しやすい一方、経理担当者の人数も十分でないことの多い中小企業では幅広い業務経験を積み重ねやすく、バックオフィスの規模が小さいことの多い病院の経理を担う人材としての適性が高いためです。

規模にもよりますが、病院で経理を担う場合には経理業務だけではなく、総務や労務などもこなしていかなくてはならないケースが少なくありません。このため、カバーできる業務範囲が広い人材ほど病院には魅力的であるとして映りやすいのです。同様の理由で、事務局関連業務が含まれるポジションの場合、医療事務の資格取得者が歓迎されることもあります。病院の規模が小さくなるほど、より広範な業務を担える人材を求めているケースが多くなるので、経理担当者が医療事務も経理も同様に兼任している場合も珍しくありません。

まずは転職エージェントに無料相談する

病院の経理へ応募する場合の注意事項

社会貢献性の高い病院という組織で働くことはモチベーションのひとつとなり得ますが、実際に病院の経理担当者がどのような業務に従事しているのか一般企業の経理担当者が知らない場合もあります。そのため、病院の経理でキャリアを積んでから一般企業への転職を希望した際に、採用担当者からは「一般企業とは異なる特殊な組織での経験」というように映りやすく、経験を正当に評価してもらず、キャリアのつぶしが効きづらい部分もあります。

ですので、病院の経理職として働く際には、短期的なキャリアというよりは、同じ医療業界で長期的なキャリアを見据える事が前提として必要かもしれません。いざ病院の経理として就職活動をされる際には、自分がどのような職位や職務を目指しているのか、その目的を達成するためにどういったキャリアを選択すべきなのか、など応募する前にキャリアパスを確認しておくのがおススメです。そうする事で就業後のミスマッチを回避しやすくなります。

選考中には面接の場などで、経理業務以外の仕事が発生するのかどうか、具体的にどのような仕事が生じ、どれほどの頻度で生じ得るのか、などを業務の詳細を具体的に確認しておくのも大切です。経理人材として入社したはずなのに、経理の仕事よりも他の業務に追われてしまうようであれば、経理としてのキャリアパスから外れてしまうので、以降の就業意欲が削がれてしまうことにもなりかねません。

このため、詳しく業務内容を確認し、実際に自分が就業している様子をイメージしながら、入社するか否かを判断することが重要です。

まずは転職エージェントに無料相談する

まとめ

病院の経理業務は独自の会計ルールや勘定科目があるものの、一般企業での業務内容と共通している点も多いため、これまでに得てきた経理の知識や実務経験を活かすことができます。ただし、バックオフィスにあまり人員を割いていない病院が多いので、経理以外の業務への対応も要求されることも珍しくなく、求人への応募時に就業後のイメージをしっかり描くためにも、経理業務以外に担当する仕事について確認しておかなくてはなりません。

加えて、キャリアパスを振り返りながら、病院でのキャリアが目標へと通じているかどうかも確認が必要です。これから先も高齢化社会が進展するばかりである以上、より重要な存在となっていく病院での経理担当者という選択肢も今後のキャリアを検討する際の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

まずは転職エージェントに無料相談する

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!