弁護士・税理士補助の転職成功事例

弁護士・税理士補助の基礎知識 転職成功事例

企業内弁護士(事業会社)

関西でインハウスローヤーに理解がある企業を探す難しさ。30代・弁護士の成功事例

2017/12/18

【今回の成功者】
Dさん
33歳・男性
資格:弁護士

<転職前>
一部上場グループ会社 年収600万円
<転職後>
二部上場企業 年収700万円
エリア:大阪府

インハウスローヤーに理解がある企業で働きたい

Dさんは大学卒業後、法務スタッフの一員として勤務されておりました。その後、大学院に通い弁護士資格を取得。再度就職活動をして、法律事務所に勤務されていました。しかし、弁護士登録費用の会社負担制度や弁護士会の会合への参加風土が社内には根付いていませんでした。法律事務所からのキャリアチェンジは実現できたものの、弁護士の就業に理解がある環境でしっかりと仕事に集中したいと考えて、再度転職活動を始めました。

関西エリアの上場企業でキャリアアップしたい

Dさんは関西ご出身ということから、まずは関西エリアで且つ上場企業の法務部門という条件で求人を探し始めました。しかし、条件に該当する求人数が少なく、転職活動は苦戦を強いられていました。自分一人での転職活動に限界を感じDさんは、知人から紹介を受けて弊社にご相談にお越しいただきました。
弊社からは、インハウスローヤーの採用は増えているものの、関西ではまだまだインハウスローヤーを採用している企業は限られており、各種制度が整っている企業は少ないことをお伝えしました。
そのため、希望を叶えるためには採用枠が限られる大手企業にチャレンジすることをお勧めし、転職活動が長期戦になる可能性もあることをご理解いただきました。また、募集枠自体が希少なので、求人が発生した際にはよほどのことがない限り、まずは応募することをお勧めしました。
結果、6か月ほどの転職活動時間がかかりましたが、じっくりと求人発生を待ち希望が叶う求人を積極的に受けて頂き、転職先を見つけて頂くことが出来ました。

粘り強さが内定をたぐり寄せた!

今回のDさんは、“関西×上場企業の法務×費用負担なども対応可”という希望であったことから、求人の母数が少ないこともあり、時間が経つほど転職活動に焦りを感じられていました。
一時は関東圏の求人も見てみようかと考えていらっしゃいましたが、そんな中でもご自身の転職軸にこだわり、粘り強く転職活動を続けられた事が今回の成功に繋がったのではないかと思います。

会計事務所・税務スタッフの求人を確認する!

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の弁護士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が弁護士の転職をサポートいたします。

弁護士の転職サポートに登録

To Top