年収800万円以上が狙える公認会計士求人はこちら>>

公認会計士の転職 管理部門特化型エージェント No.1

公認会計士が MS-Japan を利用するメリット公認会計士が MS-Japan を利用するメリット

  • 創業から25年以上、豊富な公認会計士の転職サポート実績があります。
  • 専門特化型トップエージェントとして、質の高いサービスをご提供します。
  • 専門ファームから一般事業会社まで、幅広いニーズにお応えできます。

業界最大級の求人情報!企業の求人も・事務所の求人も

1

キャリアパスと転職成功事例

公認会計士のキャリアパス 公認会計士の方が活躍できる7つのフィールドをご紹介します。

公認会計士の求人検索

公認会計士という資格を活かして活躍できるフィールドは監査法人だけではありません。
むしろ公認会計士という資格があるからこそ、チャレンジ可能な選択肢が広がるのです。
7つのキャリアフィールドごとに、採用ニーズや入社後のキャリアパスをご紹介しています。興味のある領域から詳細をご覧ください。

7つのキャリアフィールド

  • 監査法人

    • ・独占業務と専門性
    • ・幅広いクライアントを経験
    • ・社会貢献性
  • コンサルティング

    • ・スピーディーな成長
    • ・クライアントの事業を後押し
    • ・キャリアの汎用性
  • 税理士法人

    • ・中小企業への経営支援
    • ・税務の専門性を高める
    • ・独立可能性
  • 金融機関

    • ・ファイナンス領域での専門性
    • ・社内での多様なキャリアパス
    • ・比較的高収入
  • 上場企業

    • ・自社への貢献と社会的影響力
    • ・長期就業の可能性
    • ・ワークライフバランス
  • 外資系企業

    • ・語学力を活かす
    • ・比較的高収入
    • ・ワークライフバランス
  • ベンチャー企業

    • ・CFO候補
    • ・経営管理全般の経験
    • ・IPOや企業成長へ貢献

公認会計士の転職成功事例公認会計士の転職成功事例をご紹介します。 ※随時更新

1

求人検索&転職セミナー

業界最大級!公認会計士の求人検索

人気の公認会計士の求人検索公認会計士に人気の求人をご紹介いたします。

公認会計士のセミナー・個別相談会セミナー・個別相談会

セミナー・個別相談会一覧

1

転職ノウハウ

公認会計士版 転職活動の基礎知識~転職活動は段取りが全て~ 転職活動を始める前に知っておきたい「転職活動の流れ」をご紹介いたします。

公認会計士の転職FAQ

  • 年収

    監査法人から企業への転職を希望しています。事業会社への転職は、大幅に年収が下がってしまうのでしょうか?

    Answer

  • 年代別

    開業している40代の公認会計士です。
    まだ案件も少ないので、非常勤の企業経理の仕事を探しているのですが、どのような求人があるのでしょうか。

    Answer

  • 働き方

    公認会計士です。現職の監査法人は残業が多すぎると感じています。
    ワークライフバランスが取れる転職先は、どのようなものがありますか?(30代・女性)

    Answer

  • 転職活動全般

    監査業務は未経験ですが、30代中盤から監査法人にチャレンジする事は可能ですか?

    Answer

  • 業界研究

    開業している40代の公認会計士です。
    まだ案件も少ないので、非常勤の企業経理の仕事を探しているのですが、どのような求人があるのでしょうか。

    Answer

  • 公認会計士の転職FAQ一覧

    キャリアアドバイザーへのご相談はこちら!

公認会計士の職務経歴書

公認会計士特有のご経歴を上手くまとめる事が、書類選考通過には重要です。職種毎に異なるアピールポイントを意識して書いた職務経歴書と、意識せずに書いた職務経歴書では、たとえ同じ経歴であったとしても評価に大きな差が出ます。各職種特有のポイントを押さえ、魅力的な職務経歴書を作成しましょう。

  • 一般/職務経歴書の書き方ポイント解説
  • 事務所/職務経歴書の書き方ポイント解説
1

マーケット動向と業界トピックス

公認会計士の転職市場と求人動向

公認会計士を対象とした求人は年々増加傾向にあり、転職市場において公認会計士のニーズは高まり続けています。
特に、監査法人の業界では会計監査以外にIFRS導入の支援や内部統制の再構築、管理会計制度の見直し、日系企業の海外進出に係る会計アドバイザリーなどアドバイザリー案件の増加に伴い、公認会計士試験合格者の採用は過熱している状態です。また、監査法人出身者を対象にM&Aや事業再生、不正調査(フォレンジック)などを手掛けるFAS業界でも公認会計士を積極的に採用するケースが増えています。
その他、大手上場企業、大手総合商社や大手金融機関、IPO準備企業等でも公認会計士を対象とした採用件数が増加傾向にあります。今後も公認会計士を対象とした求人は転職市場でも増えていく見通しであり、公認会計士にとって新たなキャリアパスが開かれようとしています。

転職トピックス転職トピックス一覧

業界情報や転職に関する情報等さまざまなトピックスを発信しています。転職をお考えの方もそうでない方も、ぜひご覧ください。

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top