公認会計士のキャリアパス  外資系企業

公認会計士のキャリアパス

7つのキャリアフィールド~

外資系企業

英語力を活かしてキャリアアップしたい方には、外資系企業も有力な転職先となるでしょう。
また、外資系企業で勤務する場合、具体的な業務としては、日本法人の決算業務と本国へのレポーティング業務が中心になることから、国際会計基準(IFRS)や米国会計基準(US-GAAP)といった海外基準で決算対応をすることになろうかと思います。また、外資系企業の特徴として、SAPやOracleといった経営管理・業務統合ソフトを導入しているケースが多く、そのような特殊なソフトの構造や仕組みについて知識のある公認会計士は、入社後のオペレーションにおいても有利だと言われています。
また、外資系企業でキャリアアップを目指すのであればCFO(最高財務責任者)ポジションを狙っていきたいとう方もいらっしゃるかと思いますが、そのためには一般的な決算や親会社へのレポーティング業務の他、経営・財務分析~業務管理など組織のブレーン的な役割を果たすFP&A(Financial Planning & Analysis)も経験しておくと良いでしょう。

外資系企業は日系企業に比べて年収水準も高めの設定されていることが多い一方で、実際の事業で成果を残せなかった場合や本国の経営方針が変わってしまった場合など、日本から撤退をするリスクもゼロではありません。そのようなこと加味すると、外資系企業では安定を求めるのではなく、出来る限り自分自身のキャリアを伸ばし、どのような企業でも活躍できる能力を培っておくことが得策だと言えるでしょう。

公認会計士対象 外資系企業の求人はこちら

公認会計士対象
外資系企業の求人はこちら

公認会計士のその他のキャリアフィールドをチェック

  • 監査法人
  • コンサルティング
  • 税理士法人
  • 金融機関
  • 上場企業
  • 外資系企業
  • ベンチャー企業

ほかの転職成功事例もチェック!

理想の公認会計士への一歩 ──
業界最大級の求人情報と独自のノウハウをもつ MS-Japan が公認会計士の転職をサポートいたします。

公認会計士の転職サポートに登録

To Top