転職トピックス

経理・財務

一人経理の転職あるある~引き継ぎは?そもそも転職できるの?~

20180522topics.jpg

企業の心臓部である経理業務を一手に引き受ける一人経理は重要なポジションです。
しかし、一任されているやりがいを感じる一方で、「チームで働きたい」「業務量や残業が多すぎる…」といったお悩みから、転職を考える一人経理の方もいらっしゃいます。
ただし、文字通り一人で経理業務を一任している替えのきかない存在であるため、いざ転職となると、様々な問題が生じることが多いです。
今回は、一人経理の転職でよく見受けられる「あるある」について情報をまとめてみました。
“一人経理の転職あるある問題”に対する解決ポイントも合わせてご紹介しますので、現在一人経理で転職を検討している方は、是非ご参考になればと思います。

そもそも一人経理の転職は可能なのか?

中小規模の企業の場合、少数精鋭の会社が多いことから、一人経理の方は多くいらっしゃいます。
結論から言うと、一人経理でも転職することは十分に可能と言えます。
一口に経理業務と言っても内容は多岐に渡りますが、幅広い業務経験があることは転職市場で有利です。
ただし、広範囲な経理業務を一人で担当しているからこそ、自分の思ったとおりのタイミングで転職ができないなど一人経理特有の問題が発生しやすいです。ですので、転職を考え始めた時は、早め早めに計画を立てて準備を進める必要があります。
あなたに代わる人材を見つけづらい、なかなか採用に至らないといった理由で転職・退職の引き止めを行う企業もありますが、労働者の退職の自由は民法で保証されている正当な権利です。
転職の意思が固まったのなら、就業規則等で定められた予告期間に配慮して、明確に自分の意思を伝えましょう。転職によって、労働条件が大幅に改善されたり、給与がアップしたりすることもあります。

一人経理の転職あるある1 引き継ぎ時はマニュアル必須

困った時の問い合わせ先を記載すると効果的
広範囲の業務を担っている一人経理の場合、もし代わりになる人材を採用できたとしても、その場その場の教えで業務内容を引き継ぐことは困難を要します。
スムーズな引き継ぎには、マニュアルを作成しておくことが必須です。業務が落ち着いた頃合いを見計らって、コツコツとマニュアル作りを進めていた人ほど、引き継ぎ時の負担を減らせます。
毎日の業務、月初にやること、月末にやること、その他のイレギュラーな仕事などでカテゴライズして業務内容をまとめておくことがおすすめです。
引き継ぎの段階でマニュアルを参照しながら教えることで、次の人も業務の進め方を短期間で習得することができます。
各カテゴリーで自分が困った事例のQ&Aや、困った時に頼れる無料の公共機関を記載しておくと、より効果的です。
マニュアルがないという場合は、引き継ぎと並行して要所をまとめたものを作ることを推奨します。
引き継ぎ相手に説明しているタイミングは要点が最もまとまっている時ですので、簡易マニュアルを作りやすいです。
一時的な負担は増えますが、転職前後にわずらわされることがなくなります。

一人経理の転職あるある2 引き継ぎ期間は余裕を持つ

期日を定めて協力して進めていく
お金にかかわる業務は誰にでも任せられるものではありません。
企業側としては、後継者の選定を慎重に行う必要があります。また、トラブルを未然に防ぐためにも、しっかりと教育を行うことが望ましいです。
引き継ぎ期間に関しては千差万別ですが、短くても2~3ヶ月はかかると考えておくことが妥当でしょう。
企業の規模にもよるので、期間を一概には判断しづらいですが、中小規模の会社の経理業務の場合、1~2ヶ月程度で引き継ぎを済ませる傾向があります。ですが、月次業務もある為、できる限りの余裕は持っておくことが後々お互いにとって良いかもしれません。
無駄にできる時間はありませんので、後継者と協力体制を築いて、期日までに引き継ぎを終わらせるように集中して取り組むことがポイントと言えます。退職後にもスムーズに業務が回るよう、余裕を持って引き継ぎスケジュールを計画しましょう。

一人経理の転職あるある3 目的を伝えることが大切

役に立つノウハウも余すことなく伝える!
全ての仕事には、目的があります。
実際にお金に触れる経理業務は、顧客や会社内の利益貢献に直に繋がっている大切な仕事です。
引き継ぐ際は、ただ作業内容を伝えるのではなく、その仕事の目的も伝えることが肝心です。どんなに懸命に伝えても、短期間で全ての業務内容を伝えきることは難しいです。どうしても漏れが生じてしまうリスクがあります。
しかし、引き継ぎ時に後継者が考えながら仕事を行えるようにサポートができていれば、過去のデータなどを参照して後継者自身が問題解決につとめることが可能です。
一人経理で長年業務に携わってきたからこそ習得した役に立つノウハウも余すところなく伝えましょう。そうすることで、後継者の不安が軽減されます。

一人経理は引き継ぎ業務もプラスになる!
一人経理ならではの転職あるあるはいかがでしたでしょうか?
一人で広範囲な業務をこなしてきたからこそ、転職時の引き継ぎに時間がかかるなどの問題が発生する場合もあります。
ただし、業務を滞らせることなく引き継ぎを行える手腕があることは、新天地でも役に立ちますので、最後までしっかりと対応することが大事です。


【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆管理部門・会計・リーガルの転職ならMS-Japan!無料であなたの転職活動をサポート!
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆転職や業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!情報満載のメルマガはこちら

次の記事 > 人事職から異業種へキャリアチェンジしたい!これまでの経験を活かして転職するには?

前の記事 > 一般企業の求人で、「会計事務所での実務経験がある方優遇」って記載されているのはなぜ?




ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

  

転職セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

転職セミナー・個別相談会一覧

To Top