転職トピックス

税理士

中小企業の経営者に聴く!顧問税理士に関する悩み【コラム】

2018/01/17

20180117topics.jpg

税理士の最大の顧客層のひとつである中小企業

平成26年4月に実施された第6回税理士実態調査報告書(日本税理士会連合会)によると、税理士にとって、最大の顧客層は中小企業です。

中小企業の経営者の多くは、第一に税務申告を委託することを目的として税理士と契約しています。逆にいうと、税務申告以外のことはあまり期待せず、決算期だけのつきあいと割り切っている経営者もいます。
会社の状況や契約内容によっては、経理業務の支援などで税理士が定期的に訪問している場合もありますが、前述のように税務申告だけというケースではメールや電話のやりとりが中心で、年に1、2回しか顔を合わせる機会がないということもありえます。

しかし、経営難や後継者不足などの理由もあって中小企業の絶対数はじわじわと減少しています。さらに、中小企業や自営業者をターゲットとするクラウド会計などの会計業務や税務申告を支援する格安のサービスが登場する昨今、顧客層の縮小に対する危機感を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中小企業の経営者は顧問税理士の仕事をどのように受けとめているか

では、中小企業の経営者の皆さんは顧問税理士の仕事をどのように受けとめているのでしょうか。中小企業の経営者たちは、顧問税理士に対してこんな悩みを抱えているようです。

税理士から提供される資料や説明があまり理解できていない。
経営者が経営に専念できる中小企業は稀で、営業から事業全体をひとりで回していることも珍しくはありません。二代目、三代目の経営者では営業や事業のノウハウは教えこまれていても、経営に必要な知識が不足している人が意外に多いのです。そのため、税理士の立場としてはわかりやすく伝えているつもりでも、実際には理解できておらず、また「わからない」と言い出しにくいという人もいるようです。

経営の悩みを相談しづらい。もっと踏みこんだアドバイスが欲しい。
「経営者は孤独」という言葉のとおり、中小企業の経営者は、設備投資や資金調達などの経営上の課題について相談できる相手が周囲にいない場合が多いです。会社の経営状態を把握している顧問税理士こそ頼れる相談相手なのですが、経営者の中には経営に対するアドバイスが顧問税理士の役割のひとつであることを知らない場合があります。

顧問料が高いような気がする、実は負担になっている。
経営者にとって抑えられる出費は少しでも減らしたいもの。経営者同士の情報交換やネットの情報で顧問料の相場感を知ることが容易になりました。長年のつきあいや信頼関係があるから顧問税理士を変えようとまでは思わなくても「他社より高いかも」というモヤモヤ感を抱いている経営者もいるようです。

大切なのは、丁寧なコミュニケーションで納得感、満足感をもってもらうこと

資料や説明が理解できない、相談しづらいという課題は、税理士の側から歩み寄り、丁寧なコミュニケーションを重ねることで解消できる可能性が高いです。これは、クラウド会計などの格安サービスでは難しい、付加価値へと変えることができる顧客ニーズであるともいえます。もっとも厄介に思える「顧問料が高いような気がする」というモヤモヤ感も、仕事に対する満足度があがるのに比例して解消されていくのではないでしょうか。

長く続く顧問先は、ともするとルーティン化しがちですが、顧客が納得感や満足感を持っているかということを常に確かめることが大切です。ときには担当を替えてみたり、定期的に経営者の話を深掘りして聞く機会を持ったりするなどの工夫をするとよいでしょう。

【この記事を読んだ方におすすめのサービス】
◆≪会計業界の転職はプロにおまかせ!≫無料転職サポートサービスとは?
◆≪転職で譲れないポイントを相談&発見!≫無料転職相談会・無料転職セミナー
◆≪期間限定プレゼント有≫転職や会計業界のお役立ちトピックスをキャリアアドバイザーが毎週ご紹介!メルマガ登録はこちら


(記事提供/株式会社エスタイル)

次の記事 > 空き家の活用で相続税が減額! 税理士から提案したい空き家対策【コラム】

前の記事 > ぶっちゃけ多い?監査法人に勤めると、飲み会が多いのか?【コラム】



ほかのトピックスもチェック!転職トピックス一覧

3分でわかる最新人事コラム3分でわかる最新人事コラム一覧

日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]日本最大級!管理部門と士業がつながるサイト Manegy[マネジー]


セミナー・個別相談会 開催中セミナー・個別相談会

セミナー・個別相談会一覧

To Top